ポルシェ 911ダカール オフロードでも快適にスポーツ走行

Porscheの新車情報

Porsche 911 Dakar

ポルシェ911ダカールを発表しました。オフロードでも高速道路と同様に快適な走りが可能というモデルです。

今回は911ダカールの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

911ダカールの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 911 Dakar Front top
ポルシェ 911ダカール

Porsche 911 Dakar Front corner
ルーフラックはオプション。42kgまで搭載可能で、ラリー用品を収納できる。

Porsche 911 Dakar Front
フロントバンパー下端にはスキッドプレートが装着されている。

Porsche 911 Dakar Side
1984年のパリ・ダカールラリー優勝車をモチーフにしたラリーデザインパッケージはオプション。カーナンバーは0から999までを選択できる。

Porsche 911 Dakar Rear fender
樹脂製のホイールアーチモールを装着している。

Porsche 911 Dakar Tire
ピレリのオールテレーンタイヤを履く。

Porsche 911 Dakar Rear corner
ラリーデザインパッケージは、タバコメーカーのロスマンズカラーがモチーフだが、ロゴは「Roughroads」に改められている。ちなみにRoughroadsは登録商標なのだとか。

Porsche 911 Dakar Rear
スポーツエキゾーストの周囲もスキッドプレートで保護されている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 911 Dakar Interior
911ダカールのインテリア。フロントにはバケットシートを標準装備。リアシートは除去されている。

Porsche 911 Dakar Cockpit
ラリー車らしくステアリングの12時の位置がマーキングされている。

Porsche 911 Dakar Meter
ラリーモードやオフロードモードが追加されている。

目次に戻る

シャシー

リアアクスルステアリングが標準装備されています。エンジンマウントは911 GT3のものを使用。PDCCアンチロールスタビライザーも標準装備です。

リフトシステムも標準装備されており、最低地上高を30mm引き上げることができます。ちなみに911ダカールは通常レベルでも、911カレラ(スポーツサスペンション装備)より最低地上高が50mm高いです。
なお、速度が170km/h以上になると最低地上高が通常レベルに戻ります。

911ダカールには独自のドライブモードが2つ用意されています。
ラリーモードは滑りやすくデコボコした路面に最適で、やや後輪よりのトルク配分となります。
オフロードモードは険しい地形や砂地で最大のトラクションを生み出すように設計されており、地上高が最大となります。

車重は1,605kgです。リアシート除去やカーボンボンネット、軽量ガラス&軽量バッテリーの採用などで軽量化されていますが、前後のスキッドプレートやリフトシステムが追加されているため、911 カレラ4 GTS比で10kg増となっています。

タイヤはピレリ スコーピオン・オールテレーン・プラスで、サイズはフロントが245/45 ZR19、リアが295/40 ZR20です。

目次に戻る

パワートレイン

3.0リッター・水平対向6気筒ガソリンツインターボを搭載しています。
最高出力は480ps、最大トルクは570Nmです。
トランスミッションは8速PDK。駆動方式は全輪駆動です。
0-100km/hは3.4秒。オールテレーンタイヤを履いているため、最高速は240km/hに制限されています。

目次に戻る

価格・発売日

ドイツ本国での価格は222,020ユーロです。
ロスマンズカラーを模したラリーデザインパッケージは26,061ユーロとなっています。

米国では2023年春にデリバリーが開始されます。ただし2,500台限定なので、希望者全員が購入するのは難しいでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク