BMW 3.0 CSL かつての「バットモービル」が現代に復活!

BMWの新車情報

BMW 3.0 CSL

BMW3.0 CSLを発表しました。かつてツーリングカーレースで大活躍した3.0 CSL(通称バットモービル)をオマージュしたモデルで、M Gmbhの50周年を記念するものです。
車体の軽量化とエンジンのパワーアップ、そしてマニュアルトランスミッションの採用が特徴となっています。

今回は3.0 CSLの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

3.0 CSLの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW 3.0 CSL Front corner
BMW 3.0 CSL

BMW 3.0 CSL Front
M4がベースだからか、キドニーグリルがちょっと縦長になっている。

BMW 3.0 CSL Nose
フロントスプリッターには後退角がついている。

BMW 3.0 CSL Side
BMW M Gmbhのストライプがあしらわれ、クラシカルな印象だ。

BMW 3.0 CSL Wheel
鍛造アロイホイールを装着している。タイヤはミシュランだ。

BMW 3.0 CSL Rear corner
ルーフにはエアディフレクターが設置されている。

BMW 3.0 CSL Rear wing
かつてのバットモービルを彷彿とさせるリアウイング。

BMW 3.0 CSL Rear
クアッドエキゾーストはブラック塗装されている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW 3.0 CSL Interior
BMW 3.0 CSLのインテリア

BMW 3.0 CSL Shift lever
きのこみたいな形状のシフトノブ。

BMW 3.0 CSL Dashboard
ダッシュボードにはシリアルナンバー。写真の個体は#00なので広報車だ。

BMW 3.0 CSL Scuff plate
スカッフプレートにも3.0 CSLの文字。

目次に戻る

シャシー

アダプティブMサスペンション、Mサーボトロニックステアリング、Mカーボンセラミックブレーキ、Mトラクションコントロールが標準装備されています。
Mトラクションコントロールは、ドライバーがホイールスリップ制限の介入しきい値を個別に設定可能です。

カーボンパーツの多用により、3.0 CSLはベースのM4から軽量化されています。BMWは1psあたり2.9kgのパワーウエイトレシオだとアナウンスしているので、車重は1,624kgということになります。つまりM4 CSL(1,630kg)よりも軽いということになります。

ホイールはフロント20インチ、リア21インチの前後異径。センターロック式の鍛造アロイホイールです。タイヤはミシュランを装着しています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは3.0リッター・直列6気筒ガソリンツインターボです。M4(510ps)に搭載されているものと同じですが、最高出力は560psに引き上げられています。

トランスミッションは6速マニュアルで、シフトダウン時に回転数を自動で調整するシフトアシスタント付きです。
走行状況に合わせてロック率を可変するアクティブMディファレンシャルを介し、後輪を駆動します。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

新しい3.0 CSLは、50台限定で生産されます。製造工程が複雑なため手作業が多く、50台の生産に3ヶ月もかかるそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク