F1 モータースポーツ

フェラーリの新型F1マシン「SF16-H」を昨年型と比較してみた

sponsored link

Ferrari_SF16-H

今年こそ王座奪回なるか

フェラーリの新型マシン「SF16-H」が発表されました。昨年までのこだわりを捨て、かなり大胆に変更してきた感じです。フェラーリ復活のカギを握る新型マシンが昨年型とどう違うのか、早速チェックしていきたいと思います。

sponsored link

目次
  1. 上からの比較
  2. 横からの比較
  3. 前からの比較

上からの比較

フェラーリ_15-16_比較_リア
上: SF15-T 下:SF16-H

まず目につくのがノーズの違いですね。昨年型のSF15-Tはフロントウイングよりも長いノーズなのに対し、新型SF16-Hは短く切り詰められています。

リア周りも、新型の方がより細く絞りこまれています。ラジエターの変更によって可能になったらしいのですが、サイドプロテクターの横にルーバーらしきものが見えるのが気になります。

目次に戻る

横からの比較

フェラーリ_15-16_比較_サイド

横から見るとカラーリングの違いが歴然ですね。モノコックとサイドポンツーンの上部が直線的なデザインに変更されているのもわかります。

個人的に気になったのは、シェルのロゴが少しだけ大きくなったことですね。ロゴは大きさによってスポンサー料が細かく定められているはずなので、シェルが広告費を増額したのでしょう。

目次に戻る

前からの比較

フェラーリ_15-16_比較_フロント

フェラーリは「F2012」から頑なに守り抜いてきたプルロッド・サスペンションを、ついに諦めました。ショートノーズ化するために、プッシュロッドに変更したと思われます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, モータースポーツ
Tag:

戻る