ポールスター 3 自然と共存する高級電動SUV

他メーカーの新車情報

Polestar 3

ポールスター 3が発表されました。ポールスター 3は、次期ボルボ XC90とプラットフォームを共有しているEVです。
高性能なだけでなく、環境負荷をできる限り低減する試みがなされています。

今回はポールスター 3の概要をご覧ください。


スポンサーリンク

ポールスター 3の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Polestar 3 Front corner
ポールスター 3

Polestar 3 Front
シンプルだが洗練されたデザイン。EVらしくグリルレスだ。

Polestar 3 Headlight
ヘッドライトはボルボ風。

Polestar 3 Side
伸びやかで流麗なフォルム。SUVとは思えないほどスタイリッシュだ。

Polestar 3 Rear end
この部分だけ見るとCR-Xみたいに見える。

Polestar 3 Rear top
キャビンがCピラー部分で絞り込まれている。

Polestar 3 Rear
リア周りもシンプル。横一文字のテールライトは最近のトレンド。

Polestar 3 Rear bumper
リアバンパーにはディフューザー的意匠は施されていない。

Polestar 3 Taillight
テールライトの上面は櫛のように光る。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,900
全幅(mm) 1,969
ミラー込み全幅(mm) 2,121
全高(mm) 1,628
ホイールベース(mm) 2,985
車重(kg) 不明

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Polestar 3 Interior
ポールスター 3のインテリア

Polestar 3 Cockpit
タッチスクリーンは14.5インチ。

Polestar 3 Seats
シートのマテリアルも環境に配慮されている。

Polestar 3 Room
後席の足元はかなり広く、頭上にも十分な余裕がありそうだ。

内装は厳格な動物福祉基準に基づき製造されたウールやレザー、そしてリサイクルポリエステルや再生可能なビニールで作られたMicroTech(ヴィーガンレザーの代替品)で構成されています。
一方、運転支援システムにはNVIDIA DRIVE COREと呼ばれるコンピュータを搭載。インフォテインメントはGoogleと共同開発するなど、電子デバイスは最新のものが搭載されています。

目次に戻る

シャシー

サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン式、リアはインテグラルリンク式です。ダンパーはデュアルチャンバーのアクティブエアサスペンションを装備しています。

ブレンボのブレーキシステムはブレーキ・バイ・ワイヤで制御されています。フロントはアルミニウム製の4ピストンキャリパーに400Φのディスク、リアはシングルピストンキャリパーに390Φのディスクという組み合わせです。前後のキャリパーはスウェディッシュ・ゴールドに塗装されています。

ホイールは標準が21インチで、22インチも用意されています。タイヤサイズ(21インチ仕様)はフロント265/45、リアは295/340です。

目次に戻る

パワートレイン

モーターは前後にそれぞれ1つずつ搭載されており、駆動方式はAWD(全輪駆動)です。
ポールスター 3には2つの仕様が用意されており、標準モデル(ロングレンジ・デュアルモーター)は360kW(490ps)・841Nmを、そしてパフォーマンスパック装着車は380kW(517ps)・910Nmを発生します。
標準モデルの0-100km/hは5.0秒、パフォーマンスパック装着車は同4.7秒です。最高速は210km/hとなっています。

バッテリーは111kWhの大容量。航続距離は435kmですが、これは世界一厳しい米国EPA基準の数値であるため、WLTCだともう少し長くなると思います。
バッテリーは最大250kWでDC急速充電ができ、バッテリー残量10%から80%まで30分でチャージ可能です。11kWのAC充電だと、0から100%までチャージするのに11時間かかります。

目次に戻る

価格・発売日

米国での価格はロングレンジ・デュアルモーターが83,900ドル(記事執筆時点のレートで約1232万円)、ロングレンジ・デュアルモーターwithパフォーマンスパックは89,900ドル(約1320万円)となっています。

ポールスター 3は2023年後半にデリバリーが開始される予定です。ポールスターは日本に進出していないため、日本国内で購入することは難しいでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク