他メーカーの新車情報 新車情報

新型ベントレーコンチネンタルGT 2018年発売 軽さも手に入れさらなる高みへ

更新日:

ベントレー新型コンチネンタルGTの開発車両が、路上に姿を現しました。
コンバーチブルのコンチネンタルGTCを引き連れ、スノーテストを行っているようです。

今回はスパイショットと、新型コンチネンタルGTの予想スペックをお伝えします。

更新情報

最新のスパイショットを追加しました。(2017/03/25)

画像の出典: topspeed.com

sponsored link


新型コンチネンタルGT&GTCのスパイショット

ダミーのヘッドライトの下には、お馴染みの丸2灯が垣間見える。
新型コンチネンタルGTのデザインモチーフとなる、コンセプトカーの「EXP10スピード6」
ルーフラインの傾斜が緩やかなので、伸びやかに見える。
フェンダーやテールライトはダミー。車体は大きいのにお尻は小さめなのがベントレーらしい。
コンバーチブルの前後フェンダーにもダミーが付けられている。
ファブリックルーフはクーペと異なり、直線的なルーフラインだ。
コンバーチブルは完全なノッチバックスタイル。トランクはダミーだろう。

画像の出典: autoexpress.co.uk, carscoops.com

2017年3月撮影のスパイショット(最新)

ヘッドライトはこの形で確定の可能性が高い。
フロントバンパーの両サイドには擬装が残っているが、フェンダーは本物っぽい。
アクティブリアスポイラーが装着されている。
リアフェンダーはまだダミーのままだ。
テールランプもダミーだろう。

目次に戻る

予想CG

画像の出典: autoexpress.co.uk

Auto Expressが作成した予想CGは、EXP10スピード6に準じたものになっています。

目次に戻る

新型コンチネンタルGT&GTCのエンジン

最上級グレードのエンジンは6.0L・W12気筒ツインターボです。
最高出力は現行型から+10psの600psとなります。

ポルシェ・パナメーラ・ターボに搭載されている、4.0L V8ツインターボを搭載したグレードも用意されます。
パワーは不明ですが、パナメーラ・ターボのものは550psなので、新型コンチネンタルGTもそれと同等でしょう。

SUVのベンテイガが積むV8ツインターボディーゼルも、次期コンチネンタルGTに採用される可能性が高いですが、ディーゼル規制の厳しい日本やアメリカへの導入は無いと思われます。

プラグインハイブリッド

新型コンチネンタルGTには、プラグインハイブリッド(PHV)が用意されます。
パナメーラ E-ハイブリッド2.9L・V6ターボ+モーターのシステムが流用されそうです。
システム出力は460psとなっています。

ちなみにパナメーラにはV8ツインターボ搭載のPHVが追加される噂があるので、新型コンチネンタルGTにも後から加わるかもしれません。

目次に戻る

新型コンチネンタルGT&GTCのシャシー

シャシーもポルシェ・パナメーラと共通の「MSBプラットフォーム」となります。

そしてボディはアルミニウム製となり、プラットフォームと合わせて150kgもの大幅な軽量化が実現しそうです。

まあ、それでも新型の車重が2トンを下回ることはないと思いますが、運動性能は現行型から飛躍的に向上するでしょう。

目次に戻る

新型コンチネンタルGT&GTCの発売時期

2018年末に新型フライングスパーが出るため、新型コンチネンタルGT>Cは2018年の上半期には発売されるでしょう。

ベントレーはベンテイガとコンチネンタルGTを中軸として、2020年までに年間販売台数を2万台に増やす計画を立てています。
F1に参戦するかもなんて噂もありますし、ますます目が離せないメーカーになりつつあるようです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.