アウディ新型R8 さらなるパワーとアグレッシブな外観を手に入れたスーパースポーツ

Audiの新車情報, 新車情報Audi R8, スポーツカー, スーパーカー

アウディ R8がフェイスリフトされました。
今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの変更と、エンジンのパワーアップが図られています。

それでは新型R8クーペおよび新型R8スパイダーの画像と変更点をご覧ください。


新型アウディR8の概要

エクステリア

新型アウディ R8

ボンネットとシングルフレームグリルの間に、3つのスリットが追加された。

カーボン製のスプリッターはオプション。2kg軽くなる。

サイドビューに変更はなさそうだ。

20インチの超軽量ホイールも新しいものに更新されている。

各部にマットチタンのアクセントが施されるのは最上級モデルのみ。

リア周りもさらにアグレッシブになっている。

こちらはスパイダー。

ドライバーが車体中央に位置していることがわかる。

ソフトトップを開けた状態。

ソフトトップを閉じた状態でもかっこいい。

メッシュ部分が拡大され、ワイド感がさらに強調されている。

少し前に発表されたFIA-GT3マシンと同じデザインです。

ボンネットとシングルフレームグリルの間には、3つのスリットが追加されました。
これはアウディ・クワトロのフロントエンドをイメージしたものだそうです。

フロントバンパーのインテークも拡大された他、スプリッターもアグレッシブな形状に進化しています。
リアバンパーもエア抜きのメッシュ部分が拡大された他、マフラーフィニッシャーも角型から丸型になりました。
ディフューザーの跳ね上げ角度も、さらに上向きになっています。

目次に戻る

インテリア

新型R8クーペのインテリア。

これはブラックのシートに、ユートピアブルーのステッチを施したトリムだ。

ステアリング形状に変更は無さそうだ。

アウディ・バーチャル・コクピットが装備されている。

カーボンの模様が美しい。

こちらはスパイダーのインテリア。

パロミノブラウンのシートに、スティールグレーのステッチというトリムだ。

目次に戻る

シャシー

制動能力が向上しています。
強化されたESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)のおかげで、100-0km/hの制動距離は1.5m短縮、200-0km/の制動距離も5m短縮されているそうです。

目次に戻る

パワートレイン

スタンダードモデルとなる「R8 V10クワトロ」は、570ps・550Nmにスープアップされました。
旧型との比較では、30ps・10Nmの出力向上を果たしています。
新型R8 V10クーペの0-100km/hは3.4秒、最高速は324km/hです。

以前R8 V10プラスと呼ばれていたモデルは、「R8 V10パフォーマンスクワトロ」という名称に変更されました。
こちらは620ps・580Nmを発生します。
V10プラスと比較すると、10ps・20Nmのアップです。
R8 V10パフォーマンスクワトロ クーペの0-100km/hは3.1秒、最高速は331km/hとなっています。

また、パフォーマンスクワトロには、新しい運転モード(ドライ・ウェット・スノー)が追加されました。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関するアナウンスは現在のところありません。
ちなみにこれまでのアウディR8の日本価格は、2465~2915万円でした。

発売は2019年初頭です。
ヨーロッパへのデリバリーは2019年第1四半期ということですから、日本導入は2019年の春頃になるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath