Nio ES6 異なる種類のモーターを搭載するEV

他メーカーの新車情報, 新車情報EV, SUV

中国のEVメーカーであるNioが、ミッドサイズSUVのES6を発表しました。
永久磁石モーターと誘導モーターの2種類を搭載し、状況に応じて使い分けるという、面白いEVです。

今回はNio ES6の概要をご覧ください。


Nio ES6の概要

エクステリア

Nio ES6

フロント周りはシャープな印象で中々かっこいい。

鋭い眼差しを思わせる薄いヘッドライト。

サイドビューは標準的なSUVといった感じ。

ミラーには空力的な処理が施されているようだ。

骨太感のあるホイール。

ルーフスポイラーはかなり大きめ。

テールランプは面白いデザインだ。

目次に戻る

インテリア

Nio ES6のインテリア

タブレット型の巨大なタッチスクリーンが目立つ。

シートはやや細身。

オットマンも付いている。

2段式のセンターコンソール。

目次に戻る

シャシー

NioはES6の車重を明らかにしませんでしたが、ボディワークは航空機グレードのアルミで出来ており、シャシーを支えるいくつかの構造物はカーボンファイバー製ということですから、車重はかなり抑えられているはずです。

ボディサイズ

全長4,850mm、全幅1,965mm、ホイールベース2,900mmとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

ES6最大の特徴は、種類の異なる2つのモーターを搭載している点にあります。
1つは永久磁石モーター(Permanent magnet Motor, PM)、もう1つは誘導モーター(Induction Motor, IM)です。
PMは160kW(218ps)、IMは240kW(326ps)を発生します。

中低速域ではPMを使用し、加速時や高速域ではIMを使用するそうです。
Nioはこのデュアルモーターセットアップを、コストを節約しつつハイパワーを得る効率的な組み合わせだと主張しています。

実際ES6のパフォーマンスは相当なものです。
0-100km/h加速を4.7秒でこなしますし、最高速度は200km/hに達します。

バッテリー容量は、標準で70kWh、オプションでは84kWhの大容量バッテリーも選べるそうです。
航続距離は510km(84kWhバッテリー搭載モデル)ということですが、NEDC基準の数値なので、実際の航続距離は400km程度だと思います。

目次に戻る

価格・発売日

開始価格は358,000人民元です。
日本円に換算すると、記事執筆時点のレートで約588万円となります。

中国では既にオーダーを受けつけているようです。
中国国内でのデリバリーは2019年6月から開始されますが、日本で入手することは困難でしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath