BMW M8グランクーペ 速さも広さも妥協なし

BMWの新車情報

BMWM8グランクーペを公開しました。
フラッグシップであるM8の4ドアクーペ仕様です。

今回はM8グランクーペの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

BMW M8グランクーペの概要

エクステリア

BMW M8グランクーペ

顔つきはM8クーペと変わらない。

ブラックアウトされたダブルバー付きキドニーグリルを装着する。

拡大されたバンパーダクトもM8クーペと同様だ。

横から見るとやはりデカイ。

カーボンセラミックブレーキを装着する。

ルーフからリアエンドにかけてのラインが美しい。

小ぶりなガーニーフラップを装着する。

クアッドエキゾーストはMならでは。

ホイールベースはM8クーペから200mm延長されています。
ルーフはカーボンファイバー製です。
BMWレーザーライトは標準装備となっています。

目次に戻る

インテリア

M8グランクーペのインテリア

ユニークなセレクターレバー。

フラッグシップだけあって細部まで上質だ。

リアシート。頭上はともかく、足元にはかなり余裕がある。

M Sportシート、Mレザーステアリング、12.3インチのデジタル・インストゥルメント、10.25インチのタッチスクリーン、ヘッドアップディスプレイなどが装備されています。

目次に戻る

シャシー

フロント周りのねじり剛性を高めるためにせん断パネルが追加された他、ストラットとバルクヘッドをつなぐタワーバーも装着されました。
リア周りにもスチール製のブレースが追加されています。

フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションは、スイベルベアリングやトルクアーム、コントロールアームなどが特別に設計されました。
リアサスもM仕様の鍛造品で、強固なスタビライザーと組み合わせてあります。

アクティブMディファレンシャルやMサーボトロニックステアリング、Mアダプティブサスペンションなど、Mモデルではおなじみの装備も搭載されています。
ブレーキはカーボンセラミックブレーキで、ペダルの感触を2種類から設定可能です。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.4リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
最高出力は600ps、最大トルクは750Nmを発生します。

トランスミッションは8速Mステップトロニックで、駆動方式はAWD(全輪駆動)のM xDriveです。
0-100km/hは3.3秒、最高速は305km/h(Mドライバーズパッケージ装着車)となっています。

M8コンペティショングランクーペ

さらにハイパフォーマンスなM8コンペティショングランクーペも同一のエンジンを搭載しますが、625ps・750Nm仕様となります。
しかし性能の向上幅はわずかで、0-100km/hは3.2秒と0.1秒だけ速くなるだけですし、最高速は305km/hのままです。

目次に戻る

価格・発売日

米国での価格は130,000ドルからとなっていますが、日本ではもっと上乗せされるはずです。
米国導入には2020年初頭ということですから、日本導入も年が明けてからでしょう。

なお、M8グランクーペには「ファーストエディション」という特別仕様車が用意されます。
オーロラダイヤモンドグリーンメタリックという特別なボディカラーとユニークなホイール、専用スカッフプレート、タルマ・ブラウンのメリノレザーインテリアなどが装備される仕様で、世界限定400台だそうです。

M8グランクーペ・ファーストエディション

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク