VWゴルフRにさらなる高性能バージョン登場か?

VWの新車情報

VW Golf R Spyshot

VW ゴルフRに、より高性能なバージョンが追加されるかもしれません。それと思しきプロトタイプがニュルブルクリンクでスパイショットされました。今回はその画像をご覧ください。


スポンサーリンク

VW ゴルフRの高性能モデル?

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

スパイショット

VW Golf R Spyshot Front
ゴルフR高性能バージョンと思しきプロトタイプ

VW Golf R Spyshot Front corner
バンパーの両サイドには3連のカナードが装備されている。

VW Golf R Spyshot Side front
ブレーキキャリパーのサイズが大きくなっているように見えるが……

VW Golf R Spyshot Side
標準のゴルフRから車高がローダウンされているように見える

VW Golf R Spyshot Rear corner
テールゲートスポイラーは標準のゴルフRと同じもののようだ。

VW Golf R Spyshot Rear
ディフューザーやクアッドエキゾーストも標準のゴルフRと変わらない。

目次に戻る

パワートレイン

スペックに関する情報はまだありません。ちなみに現行型ゴルフRは、2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボを搭載しており、最高出力320ps、最大トルク420Nmを発生しています。

また、現行型ゴルフRには「Rパフォーマンストルクベクタリング」や、電子制御システムを全輪駆動システムの4MOTIONと連携する「ビークルダイナミクスマネージャー」が搭載されているので、高性能バージョンではそれらの電制もアップグレードされるかもしれません。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。なお現行型のゴルフRは639.8万円で販売されているので、高性能なバージョンが出るとすれば、それ以上の価格となるのは確実です。

スパイショットにはまったくカモフラージュが施されていないので、開発はかなり進んでいるものと思われます。なので高性能バージョンが登場するまでにそれほど時間はかからないのではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク

VWの新車情報

Posted by dangoliath