他メーカーの新車情報 新車情報

ベントレー ベンテイガPHEV 最高級SUVが低燃費に

2017/07/13

ベントレー・ベンテイガのプラグインハイブリッド(PHEV)仕様が、イギリスで公道テストしている姿を目撃されました。
今回はベンテイガPHEVのスペックとスパイショットについてお伝えします。

sponsored link

ベンテイガPHEVのエクステリア

画像の出典: autoevolution.com

開発車両であるにも関わらず、まったく擬装されていません。
つまりルックスについては、ガソリンエンジン仕様のベンテイガと変わらないのでしょう。

目次に戻る

ベンテイガPHEVのパワートレイン

UK's Driver and Vehicle Licensing Agency(DVLA。陸運局のようなもの)に、開発車両のナンバープレートを照会したところ、この車両は2016年9月に登録されたもので、排気量2995ccと記載されていたそうです。

注目すべきはその排気量でしょう。
2995ccというのは、現行型のポルシェ・カイエン S E-Hybirdの排気量と同じです。

しかし新型カイエンの登場が間近に控えている以上、まだ開発中のベンテイガPHEVが、まもなく旧型となる現行カイエンと同じパワートレインで登場するとは考えづらいです。

そこで有力視されているのが、48ボルトシステムの搭載です。
やはり開発中のアウディ・Q8が、3.0リッターV6+48ボルトシステムという構成なので、ベンテイガPHEVもそれを流用する可能性は高いでしょう。

ちなみにアウディ・Q8スポーツコンセプトは、475ps・700Nmというスペックでした。
これだけパワーとトルクが出ていれば、ベンテイガPHEVの車格でも不足はありません。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る