BMW M2 CS M2コンペティションから40馬力アップ!

2017年9月20日BMWの新車情報, 新車情報BMW M2, スポーツカー

BMW M2 CSの画像が流出しました。
M2 CSはM2のハイパフォーマンスモデルで、M2コンペティションを上回る性能を有しています。
一時は車名が「CSL」になるかもと言われていたのですが、どうやら「CS」で確定のようです。

このページではM2 CSの最新情報を随時更新しています。

更新情報

エクステリアインテリアの項目に流出画像を追加しました。(2019/11/06)

シャシーパワートレイン価格・発売日に関する情報を更新しました。(2019/09/20)

古いスパイショットを削除し、最新のスパイショットに差し替えました。(2019/08/02)

流出した資料に基づき、エクステリアインテリアシャシーパワートレインの情報を更新しました。(2019/05/22)

最新のスパイショットを追加し、ページ内の記述を「M2 CS」に統一しました。また、レイアウトを見直しました。(2019/04/22)

最新のスパイショットを追加しました。(2019/02/24)

エクステリアの項目にスパイショットを追加しました。(2018/10/10)


「CS」の意味

CSとは?

CSは「Club Sport」を意味します。
2017年に「M4 CS」が発売されたことで、CSの名前が久方ぶりに復活しました。
その後「M3 CS」も発売されたので、「M2 CS」が登場するのは自然な流れです。

BMW M3 CS

M3 CSには、軽量化とパワーアップが施されていました。
M2 CSにも同様の改造が施されることでしょう。

目次に戻る

M2 CSの概要

エクステリア

BMW M2 CSのリーク画像

ブラックアウトされたキドニーグリルを装着。ボンネットとスプリッターはカーボン製。

軽量アロイホイールを履く。ブレーキとのクリアランスはギリギリだ。

ミラーキャップもカーボン製で、空力に配慮した形状になっている。

ルーフもカーボン製。

トランクリッドには控え目なカーボン製のスポイラーを装着する。

クアッドエキゾーストを装着。リアディフューザーもカーボン製だ。

新たなCSも、やはり軽量化に重点が置かれています。
カーボンファイバールーフ、カーボンボンネット、カーボンフロントスプリッター、カーボンガーニー、カーボンリアディフューザーなどを標準装備し、軽量化が図られています。

M2 CSに用意されるボディカラーは、ブラック・サファイア、アルペン・ホワイト、ホッケンハイム・シルバー、ミサノ・ブルーの4色となっています。

スパイショット

ニュルブルクリンクを走るM2 CSのテストカー。

スプリッターが大型化されている。ボンネットにはパワーバルジ。

カーボンセラミックブレーキも設定される予定だ。

リアのブレーキディスク径は396mmと言われている。フロントは410mm。

ガーニーフラップのような控えめなリアスポイラーを装着する。

マフラーのサイレンサーが邪魔だからか、ディフューザーは装着されていない。
画像の出典: autocar.co.uk

目次に戻る

インテリア

M2 CSのインテリア。レザーとアルカンターラ仕上げで、コントラストステッチは赤。

多彩なセッティングができるようだ。

ダッシュボードには「CS」の文字。

マニュアルトランスミッションも用意されている。

カーボン製のセンターコンソールや、やはりカーボン製のドアプルなど、内装でも軽量化が優先されています。

スパイショット

インテリアのスパイショット

M2コンペティションのシートとは異なり、穴が開いている。
画像の出典: autocar.co.uk

M2 CS独自のユニークなトリムが用意されますが、カラーはブラックのみで、表皮もレザーとアルカンターラのコンビのみとなります。
Mコンペティションシート、アルカンターラMステアリング、カーボンセンターコンソール、カーボンドアハンドルカバー、アルカンターラトリム(M2 CSの赤いロゴ入り)、ドアシルプレート(M2 CSのロゴ入り)などが装備されるようです。

車の性質から考えると、インテリアはかなりシンプルなものになるでしょう。
また、消火器やロールケージなど、サーキット走行向けの装備も追加できるようです。

目次に戻る

シャシー

開発中のM2 CS

オプションでMカーボンセラミックブレーキが設定されます。
足回りはアダプティブMサスペンションですが、エンジンが大幅にパワーアップするため、CS専用のセットアップとなるはずです。

ホイールは19インチ鍛造の「763M」で、標準カラーはジェットブラック(ハイグロス)、オプションでマットゴールドが選択できます。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツカップ2です。

なお、車重は1,575kgと、さほど軽量化されていません
より軽量なCSLバージョンが登場する予定も無いようです。

目次に戻る

パワートレイン

M2コンペティションのエンジン

M2 CSに搭載される3.0リッター・直列6気筒ガソリンターボ(S58エンジン)は、最高出力450ps、最大トルク550Nmを発生します。
AUTOCARはS55エンジンにガソリンパティキュレートフィルターを装着したものを搭載すると主張していますが、まだ確定はしていません。
どちらにせよ、M2コンペティション(410ps)比で40psものパワーアップとなります。

0-96km/h(0-60mph)は、標準となる6速MT車で4.0秒、7速DCT車で3.8秒だそうです。

トランスミッションは6速MTを標準装備。7速DCTはオプションで選択できます。
駆動方式はもちろんFRです。

目次に戻る

価格・発売日

M2 CSは2019年11月下旬に開催されるロサンゼルス・オートショーでデビューする可能性が高いです。
生産は2021年3月から始まります。
生産台数は限定2,200台です。

ヨーロッパでの価格は95,000ユーロからです。
記事更新時点のレートで単純換算すると約1,147万円ですが、日本価格ではさらに上乗せされるでしょう。
ヨーロッパ価格で比較するとM4よりも高いとのことなので、かなり強気な値付けといえます。
それでもすぐに完売するのでしょうけど。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath