BMWの新車情報 新車情報

BMW M2 CS M2コンペティション以上のハイパフォーマンスモデル!

更新日:

BMW M2に、ハイパフォーマンスモデル「CS」が追加されます。
「CSL」になるかもと言われていたのですが、どうやら「CS」でほぼ確定のようです。

そのM2 CSについて、ディーラー向けに配られた資料が流出しました。
エンジンパワーや装備内容など、M2 CSに関する情報がまとめられています。


このページではM2 CSの最新情報をまとめています。

更新情報

流出した資料に基づき、エクステリアインテリアシャシーパワートレインの情報を更新しました。(2019/05/22)

最新のスパイショットを追加し、ページ内の記述を「M2 CS」に統一しました。また、レイアウトを見直しました。(2019/04/22)

最新のスパイショットを追加しました。(2019/02/24)

エクステリアの項目にスパイショットを追加しました。(2018/10/10)


「CS」の意味

CSとは?

CSは「Club Sport」を意味します。
2017年に「M4 CS」が発売されたことで、CSの名前が久方ぶりに復活しました。
その後「M3 CS」も発売されたので、「M2 CS」が登場するのは自然な流れです。

BMW M3 CS

M3 CSには、軽量化とパワーアップが施されていました。
M2 CSにも同様の改造が施されることでしょう。

目次に戻る

M2 CSの概要

予想CGの出典: bmwblog.com

エクステリア

新たなCSも、やはり軽量化に重点が置かれています。
カーボンファイバールーフ、カーボンボンネット、カーボンフロントスプリッター、カーボンガーニー、カーボンリアディフューザーなどを標準装備し、大幅に軽量化されるようです。

M2 CSに用意されるボディカラーは、ブラック・サファイア、アルペン・ホワイト、ホッケンハイム・シルバー、ミサノ・ブルーの4色となります。

スパイショット(2018年10月撮影)

M2 CSと思しき開発車両。


M2コンペティションのバンパーにリップスポイラーが追加されている。


ボディ側面の変更点は今のところ無さそうだ。


リアスポイラーはやや大型化され、中央に切り欠きが設けられている。


リップスポイラーは仮組みしただけの暫定仕様だ。


ターボやインタークーラーがある位置に設けられたパワーバルジ。


カーボンセラミックブレーキのようだ。ホイールはYスポークの763M。


M2コンペティションよりもマフラーのタイコが大きくなっている気がする……

画像の出典: bimmerpost.com

ニュルブルクリンクで撮影された、M2 CSと思しきテストカーのスパイショットです。
M2コンペティションがベースになっているようですが、前後にスポイラーが追加されている他、ボンネットやルーフはカーボン製となっています。
タイヤもよりサーキット志向のミシュラン・パイロットスポーツカップ2に変更されている(M2コンペティションはパイロットスーパースポーツ)ようです。

スパイショット(2019年2月撮影)

M2 CS(もしくはCSL)と思われるテストカー。


フロントリップの張り出し方がすごい。


巨大なブレーキキャリパーが、この車のキャラクターを物語っている。


ホイールは19インチのようだ。


リアスポイラーは意外にもジェントル。


リアディフューザーを挟み込むように、クアッド・テールパイプが設置されている。

画像の出典: carscoops.com

スパイショット(2019年4月撮影)

BMW M2 CSのスパイショット


ボンネット上にパワーバルジが設けられている。


以前のスパイショットとはホイール形状が異なる。リアキャリパーも小さい。


直立したダックテールスポイラーは、まるで衝立のようだ。


ディフューザー形状も以前のものから変わっているような……

画像の出典: bimmerpost.com

目次に戻る

インテリア

M2 CS独自のユニークなトリムが用意されますが、カラーはブラックのみで、表皮もレザーとアルカンターラのコンビのみとなります。
Mコンペティションシート、アルカンターラMステアリング、カーボンセンターコンソール、カーボンドアハンドルカバー、アルカンターラトリム(M2 CSの赤いロゴ入り)、ドアシルプレート(M2 CSのロゴ入り)などが装備されるようです。

車の性質から考えると、インテリアはかなりシンプルなものになるでしょう。
また、消火器やロールケージなど、サーキット走行向けの装備も追加できるようです。

目次に戻る

シャシー

オプションでMカーボンセラミックブレーキが設定されます。
足回りはアダプティブMサスペンションですが、エンジンが大幅にパワーアップするため、CS専用のセットアップとなるはずです。

ホイールは19インチ鍛造の「763M」で、標準カラーはジェットブラック(ハイグロス)、オプションでマットゴールドが選択できます。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツカップ2です。

目次に戻る

パワートレイン

M2 CSに搭載される3.0リッター・直列6気筒ガソリンターボは、450ps・550Nmを発生します。

トランスミッションは6速MTを標準装備。7速DCTはオプションで選択できます。
駆動方式はもちろんFRです。

目次に戻る

価格・発売日

M2 CSの発売は2019年末になると見られています。

価格に関する情報はまだありません。
情報が入り次第、この項目に追加します。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-BMWの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.