改造費に200万ドル以上を投じたシボレー150のカスタム

チューニングRestomod

シボレー 150(One-Fifty)は、1953年から1957年まで製造されていたモデルです。
経済性を重視する消費者向けに作られたモデルで、政府や企業などが購入する例が多かったと言われています。
しかし安かったからか、ホットロッドのベース車両としても人気があったようです。

そんな150に200万ドル以上ものお金を費やしたカスタムが、上記の「イマジン」です。
最高出力1,000ps以上という、とんでもないカスタムが施されています。

今回は1957年型シボレー 150のカスタム車「イマジン」の概要をご覧ください。


シボレー 150カスタム「イマジン」の概要

エクステリア

Chevy 150 Custom IMAGINE
イマジンと名付けられたシボレー150のカスタム。

Chevy 150 Custom IMAGINE rear
リア周りは50年代の典型的なデザイン。バンパーなどは変更されているようだ。

Chevy 150 Custom IMAGINE bonnet
ボンネットは一度分割された上で再構成された。

イマジンはチョップドルーフとなっており、ノーマル比で76.2mm低くなっています。
それに合わせてウィンドウも狭められています。
ボンネットもカスタムされ、平らにならされています。

目次に戻る

インテリア

Chevy 150 Custom IMAGINE interior
イマジンのインテリア。ステアリングやメーターはカスタムビルド。

Chevy 150 Custom IMAGINE pedals
ペダル類もオリジナルだろう。

Chevy 150 Custom IMAGINE rear seats
リアシートは2席のみ。

Chevy 150 Custom IMAGINE c pillar
チョップドルーフだがそれを感じさせないほどに仕上がりは美しい。

Chevy 150 Custom IMAGINE luggage
おそらく荷室内。容量は小さめ。

内装のデザイン自体はノーマルに近いものの、ステアリングやメーター、センターコンソール、バケットシートなどはカスタムされています。

目次に戻る

シャシー

Chevy 150 Custom IMAGINE front suspension
フロントの下回り。新規に作り直されてピカピカだ。

Chevy 150 Custom IMAGINE under body
腹回りにはこれでもかと補強が入っている。

Chevy 150 Custom IMAGINE rear suspension
リアのデフケース周り。こんなところまでかっこいい。

シャシーはまったくのオリジナルだそうです。
リアサスはコルベットの独立懸架で、スプリングは特注品となっています。
ブレーキは4輪とも油圧式のディスクブレーキです。

目次に戻る

パワートレイン

Chevy 150 Custom IMAGINE engine room
イマジンのエンジンルーム。非常に美しく仕上がっている。

Chevy 150 Custom IMAGINE engine
エンジン単体でもこの大きさ。流石ビッグブロックだ。

ネルソン・レーシング・エンジンズ製のシボレー・ビッグブロックV8が搭載されています。
8.44リッターという大排気量エンジンには、ネルソン・レーシング・エンジンズが特許を持つミラー・イメージ・ターボチャージャーが組み合わされており、1,000ps以上の最高出力を実現しました。

ミラー・イメージ・ターボチャージャーというのは、ツインターボの片方が反時計回りに回転するもので、エンジンに取り付けた際に、ボンネット内部の景観が完全な左右対称となる仕組みのようです。

トランスミッションは3速オートマチックですが、これだけの大排気量ターボならば、ギア段数の少なさは問題とはならないでしょう。

ちなみにレース用の燃料を使えば、イマジンは1,800psを得ることもできるのだとか。
これだけのハイパワーとなると、1957年式のハイパーカーと言っても過言ではありません。

目次に戻る

Posted by dangoliath