フェラーリ SP51 812 GTSがベースのワンオフモデル

Ferrariの新車情報

Ferrari SP51 Front

フェラーリがワンオフモデルの「SP51」を発表しました。
台湾のコレクターがオーダーしたモデルとのことで、ベースには812 GTSが使われています。流麗なボディワークと、青と白のストライプが特徴です。

今回はフェラーリ SP51の概要をご覧ください。


スポンサーリンク

フェラーリ SP51の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari SP51 Front
フェラーリ SP51

Ferrari SP51 Front top
ロッソ・パッショナーレというオリジナルのボディカラーに、青と白のストライプがあしらわれている。

Ferrari SP51 Side
全体的に角が丸められており、柔らかな印象となっている。

Ferrari SP51 Side top
青と白のストライプは、1950年代のレーシングカー「フェラーリ 410S」にインスパイアされたものだという。

Ferrari 410 Sport Spyder 1956
参考画像としてフェラーリ 410S
画像の出典: Sicnag, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons
Ferrari SP51 Rear top
左右のバットレスをつなぐカーボンウィングがユニークな外観を形成している。

Ferrari SP51 Rear
リア周りはかなりアグレッシブなデザインだ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari SP51 Interior
SP51のインテリア。青のパイピングと白のクロスステッチの組み合わせがおしゃれ。

Ferrari SP51 Seats
左右座席の間にも青と白のストライプがあり、エクステリアからつながっているような印象を受ける。

目次に戻る

パワートレイン

エンジン等には手が加えられていないと推測されています。よって6.5リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最高出力800ps、最大トルク718Nmを発生していると考えられます。

目次に戻る

価格

価格は公表されていませんが、数百万ドルと予想されています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク