ポルシェ 964カブリオレ・ワイドボディのエレクトロモッド

チューニング

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV

Everratiという会社が、ポルシェ 964カブリオレEVにコンバージョンしたモデルを発表しました。旧車をレストアした上でEV化する、いわゆるエレクトロモッドですね。ちなみにEVから元のガソリン車に戻すこともできるのだそうです。

今回はEVになった964カブリオレの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

964カブリオレEVの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV
ポルシェ964カブリオレのエレクトロモッド

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV Front
オリジナルに限りなく近い外観が維持されている。

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV Rear fender
特徴的なリアウイング

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV Rear
EVだがマフラーフィニッシャーが残されており、あくまでオリジナルに忠実だ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV Interior
ポルシェ・クラシック・インフォテイメント(センターコンソールの小さな画面)が装備されており、快適性が向上している。

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV Dashboard
ダッシュボードにはEverratiのロゴ。

Everrati Porsche 964 Widebody Cabriolet EV Meter
白いメーターはパワーメーターで、単位は10kW。

目次に戻る

シャシー

Everratiは964カブリオレを単純にEVコンバージョンするのではなく、元々のハンドリングを維持することを目的としていました。そのため重量配分やセッティングはオリジナルの964カブリオレに近いものとなっています。
シャシーには溶接と補強を追加。バッテリーで増えた分の重量を相殺するために、フェンダーやボンネットはカーボンに変更。ドアもカーボンですが、側面衝突からドライバーを保護するために高強度鋼で補強されています。

より優れたハンドリングを求める顧客には、室内から調整可能なTracTive製アダプティブサスペンションも用意されています。
ブレンボのブレーキシステムも利用可能です。

目次に戻る

パワートレイン

モーターの最高出力は446ps仕様と507ps仕様の2つが用意されています。最大トルクはどちらも500Nmです。
駆動方式は後輪駆動。
507ps仕様では、0-96km/h加速を4秒未満でこなします。
バッテリー容量は62kWhで、航続距離は322kmです。

目次に戻る

価格

価格はまだ公表されていませんが、Everratiが以前開発した964クーペのEVは、26万ドルから32.5万ドルという価格だったそうです。ちなみにこの価格にはドナー車のコストが含まれていません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク