トヨタ車の比較

新型シエンタ ガソリンとハイブリッドを徹底比較!

sponsored link

シエンタ ガソリンとハイブリッドの比較
シエンタ_外観

画像の出典: toyota.jp

ガソリンシエンタも侮れない

新型シエンタはガソリンとハイブリッドが半々の売れ行きだそうです。筆者はハイブリッドの方が売れているものだと思い込んでいたのですが、口コミやレビューを細かく見ていくと、意外とガソリンシエンタの利点も多いみたいです。

そこで新型シエンタのガソリンとハイブリッドの違いを比較することにしました。

sponsored link

シエンタ ガソリンとハイブリッドの比較

インテリアの比較

装備名  X    G  HYBRID XHYBRID G
オートエアコン

ガソリンの「X」だけがマニュアルとなります。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
オプティトロンメーター

ガソリンの「X」のみアナログメーターですが、トヨタセーフティセンスCを装着すればオプティトロンメーターになります。ハイブリッドは専用のオプティトロンメーターが装備されます。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
シート表皮ファブリック上級ファブリックファブリック上級ファブリック

肌触りのよい上級ファブリックは、Gがつくグレードだけに装備。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
センタークラスターパネルピアノブラックピアノブラック+サテンメッキピアノブラックピアノブラック+サテンメッキ

ナビ画面の周りに施される加飾です。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
カップホルダーピアノブラック高輝度シルバーピアノブラック高輝度シルバー

カップホルダーの縁取りにシルバー加飾が施されます。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
シフトノブ&シフトベゼル樹脂製&ピアノブラック本革巻き&サテンメッキ樹脂製&ピアノブラック本革巻き&サテンメッキ
シエンタ_シフトベゼル

画像の出典: toyota.jp

高級感が段違いですね。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
Fドアアームレスト樹脂製ファブリック巻き樹脂製ファブリック巻き

よく触れる場所だけに、ファブリック巻きの方が良いかもしれません。

装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
インサイドドアハンドル樹脂製メッキ樹脂製メッキ
シエンタ_フロントドアトリム

画像の出典: toyota.jp

これはあまり差がないような……。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
ステアリングウレタン本革巻きウレタン本革巻き
シエンタ_ステアリング

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

高級感よりも滑らないことが大事。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
ステアリングスイッチ

利便性の高いステアリングスイッチはマストアイテム。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
M.I.D.※1

※1 マルチインフォメーションディスプレイの略

オプティトロンメーターの中央に表示されるもので、平均燃費等を教えてくれます。ステアリングスイッチで操作可能。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
スマートエントリー☓※2☓※2

※2 「スマートエントリーパッケージ」でオプション装着可

これもあった方がいいですね。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
ワイヤレスドアロック

スマートエントリー未装着車はリモコンで。


装備名 X  G HYBRID XHYBRID G
運転席アームレスト(左側)

左利きの人なら要らないのですが……。


装備名XGHYBRID XHYBRID G
2列目シートアームレスト※3
※3 6人乗りのみ

なぜか「HYBRID X」にだけ装備されていません。


装備名XGHYBRID XHYBRID G
助手席シートバックポケット

雑誌が入る程度のポケットです。


デッキアンダートレイの大きさの違い

ガソリンとハイブリッドでは、ラゲッジスペース下のトレイの大きさが異なります。

シエンタ_デッキアンダートレイ
左: 2WD「X」 右: 2WD「HYBRID G」

画像の出典: toyota.jp

実燃費の比較



実燃費は街乗り・高速道路の複合燃費で、サンプル数はガソリン・ハイブリッドともに同数です。

ガソリンでも条件次第では15〜20km/Lの燃費を出せることがわかります。しかし20km/L以上の実燃費を達成できるのは、ハイブリッドだけのようです。

加速性能・ハンドリングの比較

意外と言っては失礼ですが、加速もハンドリングもガソリンの方が高評価です。

ハンドリングの面では、ガソリンの軽さが大きなメリットとなっています。新型シエンタは高いボディ剛性を備えていますが、それでも重いハイブリッドシステムを積むには剛性不足で、ハイブリッドはフロア周りがバタつくようです。

一方車重が軽いガソリンは足回りがよく動き、ステアリングの応答性も上がり、キビキビとした動きになります。

加速性能に関してはガソリンが109ps、ハイブリッドが100ps(システム出力)と、馬力ではガソリンがハイブリッドを若干上回っています。しかもガソリンの車重は60kgほど軽いため、モーターのトルクが効く発進加速以外は、ガソリンの加速に軍配が上がるのだと思います。

乗り心地・静粛性の比較

加速やハンドリングではガソリンに分がありましたが、乗り心地と静粛性に関しては、その評価が逆転します。

軽いガソリンの方はゴツゴツとした乗り心地です。逆にハイブリッドは重いことが幸いして、乗り心地がしっとりとしています。

静粛性に関しては言うまでもないでしょう。どちらもギア比を低めることで駆動力を稼いでいますが、発進加速でエンジンを上まで回さなければならないガソリンに対し、ハイブリッドはモーターで発進できる分、耳障りなエンジン音を聞かなくて済みます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。新型シエンタに興味がある方には、以下の記事もおすすめです。

新型シエンタの納車遅れはますます酷くなる一方!?

新型シエンタの評価・口コミまとめ デザインだけで食わず嫌いはもったいない!

sponsored link

Category: トヨタ車の比較
Tag:

戻る