トヨタ車の比較

新型プリウスと同価格帯・同程度の維持費で乗れる車

投稿日:

プリウスは本当に有益か?

あけましておめでとうございます。今年も自動車関連の記事をがんばって更新していきますので、どうぞご贔屓に。

さて新年一発目は新型50プリウスから。好調な受注が伝えられる同車ですが、内外装のデザインや室内の狭さ、そして価格の高さなどを問題視する声もあり、50プリウスが名車と言えるかどうかは判断の分かれるところです。

50プリウス_走行シーン

画像の出典: toyota.jp

かつては燃費性能で他を圧倒していたプリウスですが、他メーカーのハイブリッドカーラインナップが充実してきたことで、お得感は希薄になってきました。ガソリン価格の安さも、プリウスには逆風です。

今回は「車両本体価格+50000km走行するのに必要なガソリン代の合計」が、「ZVW50プリウス・Aプレミアム」のそれと同等の価格帯となるものを集めてみました。

sponsored link


目次

まずはプリウスで5万km走るためのコストを計算する
トヨタ
エスクァイア Gi
ハリアー エレガンス
日産
エクストレイル 20X HYBRID エマージェンシーブレーキパッケージ
ホンダ
ヴェゼル HYBRID Z
ジェイド HYBRID X
マツダ
CX-5 XD PROACTIVE
CX-3 XDツーリング Lパッケージ
スバル
レヴォーグ 1.6GT EyeSight
XV HYBRID 2.0i EyeSight
フォレスター 2.0i-L EyeSight
プリウスにかつてのような優位性はない

更新履歴

内容を修正しました。(2016/01/07)

まずはプリウスで5万km走るためのコストを計算する

「ZVW50プリウス・Aプレミアム」の車両本体価格は、¥3,107,455です。燃費データは実燃費に最も近いとされるアメリカのEPAコンバインド燃費を使用し、22.1km/L(52mpg)とします。

レギュラーガソリンの価格を¥115/Lとすると、5万km走行するには¥260,181のガソリン代がかかることになります。

よって¥3,107,455+¥260,181=¥3,367,636が、「ZVW50プリウス・Aプレミアム」の車両本体価格と5万km走行するのに必要なガソリン代の合計となります。

50プリウスと(ほぼ)同等のコストで5万km走れる車

トヨタ

エスクァイア Gi(2WD・7人乗り)

エスクァイア_外観

50000km走行時のコストを、50プリウスと比較してみましょう。

車名 本体価格 実燃費 ガソリン代 総コスト
エスクァイア Gi ¥2,823,428 10.98km/L ¥523,679 ¥3,347,107
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

エスクァイアの実燃費データはe燃費のものを使用。

ほぼ同等の金額ですね。次に装備内容の比較をしてみます。

装備内容 プリウス Aプレミアム エスクァイア Gi
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 合皮
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

※1 ステアリング操作のみ自動。

装備面では見劣りしますが、エスクァイア Giは7人乗りという強みがあります。インテリアの質感もプリウス以上です。

目次に戻る

ハリアー エレガンス(2WD・5人乗り)

ハリアー_外観
車名 本体価格 実燃費 ガソリン代 総コスト
ハリアー エレガンス ¥2,880,000 12.0km/L ¥479,167 ¥3,359,167
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

ハリアーの実燃費データはe燃費のものを使用。

装備内容 プリウス Aプレミアム ハリアー エレガンス
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 ファブリック+合皮
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

ハリアーの魅力はなんといっても内装の高級感です。+¥136,080でプリクラッシュブレーキとレーダークルーズコントロールを装着すれば、安全面でもプリウスに匹敵する車にできます。ハリアーに関しての詳細は、以下のリンクをご覧ください。

ハリアーの評価・口コミ ガソリン車が大本命!

目次に戻る

日産

エクストレイル 20X HYBRID エマージェンシーブレーキパッケージ(2WD・5人乗り)

エクストレイル_外観
車名 本体価格 実燃費 ガソリン代 総コスト
エクストレイル 20X HY ¥2,858,760 14.0km/L ¥410,714 ¥3,269,474
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

エクストレイルの実燃費データはe燃費のものを使用。

装備内容 プリウス Aプレミアム エクストレイル 20X HY
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 防水
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

ブラインドスポットアシスト(日産名・BSW)やパーキングアシストは、メーカーオプションのナビ(¥327,240)とセットになっています。20Xにはパワーリヤゲートやオートライトなどが装備されおり、エコカー減税もプリウスと同等の減免措置を受けられるのが魅力ですね。

エクストレイルは電子制御技術のおかげで、走りの評価も高いSUVです。ただ、乗り心地は硬め(特に後席)だと言われています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

エクストレイル(T32)口コミ評価まとめ 人気の7人乗りSUVは走りもジェントル!

目次に戻る

ホンダ

ヴェゼル HYBRID Z (2WD・5人乗り)

ヴェゼルハイブリッド_F外観
車名 本体価格 実燃費 ガソリン代 総コスト
ヴェゼル HYBRID Z ¥2,580,000 18.29km/L ¥314,379 ¥2,894,379
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

ヴェゼルの実燃費データはe燃費のものを使用。

ヴェゼル HYBRID Zは本体価格が安く燃費も良いので、5万km走行時のコストで比較するとプリウスより47万円ほどお得です。ナビをつけたヴェゼル HYBRID Zでも、ナビ無しのプリウス Aプレミアムより安く上がります。

装備内容 プリウス Aプレミアム ヴェゼル HY Z
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 本革+合皮
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

装備では見劣りしますが、ヴェゼルの価格からすると妥当なレベルと言えるでしょう。税制面では「HYBRID X」の方が有利(50プリウスと同等)ですが、装備の面では「HYBRID Z」の方が上なので、痛し痒しですね。

ヴェゼルはエンジンの評価こそ高いのですが、乗り心地は酷評されています。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

ヴェゼルハイブリッドの評価・口コミ ツンデレSUVに振り回されてもいい!?

目次に戻る

ジェイド HYBRID X(2WD・6人乗り)

ジェイド_ハイブリッド_外観
車名 本体価格 実燃費 ガソリン代 総コスト
ジェイド HYBRID X ¥2,920,000 17.52km/L ¥328,196 ¥3,248,196
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

ジェイドの実燃費データはe燃費のものを使用。ガソリン代は¥115/Lで計算

装備内容 プリウス Aプレミアム ジェイド HY X
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 ファブリック+合皮
前席シートヒーター △※2
運転席パワーシート 8way △8way
助手席パワーシート 4way △4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。


※2 MOPのパワーシートとセット

ジェイドの装備の充実ぶりはプリウスを凌ぐほどですし、税制面でもプリウスと同等の減免措置を受けられます。しかし2列目がキャプテンシートなのでイマイチ人気がありません。そのため新古車も大量に出回っていますし、新車で買うなら値引きも期待できます。詳しくは以下のリンクをご覧ください。


ホンダジェイドの評価・口コミ いらない子? 未使用車ならばお得感ありますよ

目次に戻る

マツダ

CX-5 XD PROACTIVE(2WD・5人乗り)

CX-5_外観
車名 本体価格 実燃費 燃料代 総コスト
CX-5 XD PROACTIVE ¥2,937,600 13.99km/L ¥357,398 ¥3,294,998
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

CX-5の実燃費データはe燃費のものを使用。軽油代は¥100/Lで計算

装備内容 プリウス Aプレミアム CX-5 XD PA
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 クロス
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

プリウス以上に安全装備が充実しています。ディーゼルならではの経済性も魅力ですし、SKYACTIV-Dの圧倒的な中間加速はプリウスでは味わえません。デザインの良さもプリウスには無い美点ですね。

身長が低い人だと乗り降りしづらいとのコメントをいただきました。最低地上高が210mmもあるので、お年寄りなどを乗せる機会の多い方は留意すべきでしょう。

税制面ではプリウスと同様に自動車取得税と自動車重量税の免税が受けられるほか、最大12万円のクリーンディーゼル補助金が受けられます

目次に戻る

CX-3 XDツーリング Lパッケージ(2WD・5人乗り)

CX-3_外観01
車名 本体価格 実燃費 燃料代 総コスト
CX-3 XD Lパッケージ ¥2,800,800 18.7km/L ¥267,380 ¥3,068,180
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

CX-3の実燃費データはe燃費のものを使用。軽油代は¥100/Lで計算

燃料代にほとんど差が無いことは、注目に値します。

装備内容 プリウス Aプレミアム CX-3 XD Lパケ
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 本革+スエード
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

CX-3は経済性や安全性の面でプリウスと遜色ないと言えます。税制面でも自動車重量税・自動車取得税は免税されますし、最大16万円のクリーンディーゼル補助金が受けられるなど、プリウスに対し不利な点を見当たりません。

ただし室内の広さではプリウスに分があります(具体的にはリアのレッグルーム以外は全てプリウスの方が広い)。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

マツダCX-3の評価・口コミ SUV版デミオではない

目次に戻る

スバル

レヴォーグ 1.6GT EyeSight(4WD・5人乗り)

レヴォーグ_外観
車名 本体価格 実燃費 燃料代 総コスト
レヴォーグ1.6GT ES ¥2,775,600 10.9km/L ¥527,523 ¥3,303,123
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

レヴォーグの実燃費データはe燃費のものを使用。ガソリン代は¥115/Lで計算

装備内容 プリウス Aプレミアム レヴォーグ1.6GT ES
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 ファブリック
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way △8way
助手席パワーシート 4way △8way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

レヴォーグはASPをつけるとプリウスの総コストより高くなってしまうため、諦めるしかありません。そのため装備面ではプリウスに負けています

しかしレヴォーグのパワフルな走りや、ステーションワゴンとしての使い勝手の良さは、プリウスには無い魅力です。レヴォーグの詳細は以下のリンクをご覧ください。

レヴォーグ1.6GT/GT-Sの評価・口コミ 300万円で買える4WDステーションワゴンなんて他に無いよ?

目次に戻る

XV HYBRID 2.0i EyeSight(4WD・5人乗り)

XVハイブリッド_外観
車名 本体価格 実燃費 燃料代 総コスト
XV HY 2.0i ES ¥2,678,400 12.4km/L ¥463,710 ¥3,142,110
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

XVの実燃費データはe燃費のものを使用。ガソリン代は¥115/Lで計算

スバルのハイブリッドはモーター出力・バッテリー容量ともに小さいため、燃費改善効果はそれほど大きくありません。

装備内容 プリウス Aプレミアム XV HY 2.0i ES
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 ファブリック
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way
助手席パワーシート 4way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

+¥140,400でASPとHIDロービーム、クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、撥水加工フロントガラスのセット)が装着できます。しかしXVハイブリッドのアイサイトはver.2なので、レーンキープアシストは装備されません。

装備面ではプリウスに劣るXVハイブリッドですが、走りの良さには定評があります。静粛性も高いと言われているのですが、後部座席ではさほどでもないとのコメントもあり、意見が分かれているようです。

ただしエコカー減税に関しては、プリウスよりワンランクしたの減免措置しか受けられません

XVハイブリッドはユーザー満足度が高い車なので、燃費だけで選択肢から外してしまうのはもったいないです。詳細は以下のリンクをご覧ください。

スバルXVハイブリッドの評価・口コミ 燃費より走りのハイブリッド!?

目次に戻る

フォレスター 2.0i-L EyeSight(4WD・5人乗り)

フォレスター_外観
車名 本体価格 実燃費 燃料代 総コスト
フォレスター 2.0i-L ES ¥2,689,200 10.6km/L ¥542,453 ¥3,231,653
プリウス Aプレミアム ¥3,107,455 22.1km/L ¥260,181 ¥3,367,636

フォレスターの実燃費データはe燃費のものを使用。ガソリン代は¥115/Lで計算

装備内容 プリウス Aプレミアム フォレスター 2.0i-L ES
本革巻ステアリング
シート表皮 本革 ファブリック
前席シートヒーター
運転席パワーシート 8way △8way
助手席パワーシート 4way △8way
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
パーキングアシスト ◯※1

◯ 標準装備 △ メーカーオプション − 設定なし


※1 ステアリング操作のみ自動。

ブラインドスポットアシスト(スバル名・リアビークルディテクション)が装備される「アドバンスドセイフティパッケージ(以下、ASP)」を装着するには最低でも¥162,000かかりますが、セットでパワーシートも装着されるのでお得です。ASPを装着した場合の総コストは、¥3,393,653となります。

ただし最低地上高が高い(220mm)ことは、乗降性の面で問題になるかもしれません。

4WD車にも関わらずプリウスと張り合える経済性は立派です。装備も充実していますし、プリウスのE-Four(¥3,301,855)を買うよりいいかもしれません。もちろん税金を含めてコスト計算し、さらに長い距離を走るというならプリウスの方が経済的です。フォレスターについての詳細は、以下のリンクをご覧ください。

スバルSJフォレスターの評価・口コミ スバルを煮詰めたSUV!?

目次に戻る

プリウスに昔ほどの優位性はない

今回は税金を計算していませんが、ハイブリッドカーやクリーンディーゼルならばプリウスに対して税制上の不利は無いはずですし、ガソリン車でもグレードを1つ落とせば同等の総コストに収まるはずです。

ハイブリッドカーやクリーンディーゼルが普及した結果、少なくとも経済性においては、プリウスの優位性はもうほとんど無いと言えるのではないでしょうか。

トヨタ側もそれをわかっているからこそ、走りや内外装の質感にこだわった50プリウスを発売したのでしょうが、「燃費のための車」としてデザインされた2代目プリウスの面影を引きずっているために、利便性はさほど改善されていません。「燃費のための車」にするにしても、もっとコンパクトな車の方が向いているはずです。

「イノベーションのジレンマ」という言葉がありますが、50プリウスはまさにその典型です。あの過激なデザインも、プリウスのパッケージングが無意味化しつつあるのに、プリウスであり続けなければならないという葛藤が生み出したものなのかもしれません

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。50プリウスに関連する他の記事もぜひご覧ください。

新型プリウスの評価・口コミまとめ インテリア編

新型プリウス発売! 燃費40.8km/LのEグレードを検証する

新型プリウスの価格と装備を分析 お買い得グレードは?

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-トヨタ車の比較

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.