マツダの新車情報

ロータリーエンジン復活は2017年!?

sponsored link

マツダ_RX-VISION_外観

画像の出典: mazda.co.jp

マツダのロータリーエンジン50周年記念の年に復活?

世界で初めて量産ロータリーエンジンを搭載したマツダ・コスモスポーツが発売されたのは1967年。その半世紀後の2017年に、ロータリーエンジンが復活するかもしれません。

Mazda's New Turbo Rotary Engine Reportedly Coming In 2017 - carscoops

情報源はマツダの重役だそう。そのことが事実であればよいのですが。

電動アシストターボ 400ps以上 トランスアクスル 1400kg以下

sponsored link

開発中の新型ロータリーエンジンは「16X」というコードネームで呼ばれており、低回転時のロータリーエンジンの不安定さを電動アシストターボで補い、ブースト圧がかかったらスタンダードなターボチャージャーがカバーするとされています。

トランスアクスルによって重量配分を改善された車体は1400kg以下に収まる予定とのことですから、パワーウェイトレシオは3.5kg/ps以下ということになります。かなりの運動性能が期待できそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。ロータリーエンジンに関連する、他の記事はこちらです。

RX-VISIONコンセプト発表! しかし肝心の新型ロータリーエンジンは発表されず

ロータリーエンジンの仕組みについて

sponsored link

Category: マツダの新車情報
Tag:

戻る