アウディ新型RS3スポーツバック さらなるパワーアップでAMG A45に対抗!

2020年4月21日Audiの新車情報Audi RS3, ホットハッチ

Audi RS3 8Y Prototype

ベースモデルのA3が第4世代に切り替わったことを受けて、アウディのホットハッチ「RS3スポーツバック」もフルモデルチェンジされます。

そのプロトタイプが公開されました。スペックの一部も明らかとなっています。

今回は新型RS3スポーツバックのスパイショットと、最新情報をご覧ください。

更新情報

プロトタイプの画像を追加し、シャシーパワートレインの情報を更新しました。

動画を追加しました。(2021/06/07)

最新のスパイショットを追加し、発売日に関する情報を更新しました。(2020/12/22)

動画を追加しました。(2020/07/05)

Related Posts

新型RS3スポーツバックの最新情報

エクステリア

プロトタイプ

Audi RS3 8Y Prototype Front
アウディ RS3 プロトタイプ

Audi RS3 8Y Prototype Front three quarter
車高は標準のA3比で25mmダウン。

Audi RS3 8Y Prototype Grill
ワイドなフロントグリルは他のRSモデルと同じ。

Audi RS3 8Y Prototype Side
1-2-4-5-3は、直列5気筒エンジンの点火順序。

Audi RS3 8Y Prototype Front fender
フェンダー後端にはエアアウトレットが設けられている。

Audi RS3 8Y Prototype Rear
テールパイプはオーバル形状で、左右にそれぞれ1本ずつ。

スパイショット

Audi RS3 Sportback
ニュルブルクリンクでテスト走行を行う新型RS3スポーツバックの開発車両。

Audi RS3 Sportback front three quarter
フロントバンパーの開口部が拡大されている。サイドステップも大型化された。

Audi RS3 Sportback side
巨大なブレーキキャリパーが存在感を放っている。リアスポイラーはベースモデルと同じもののようだ。

Audi RS3 Sportback rear three quarter
フェンダーが大きく拡大されているのがわかる。

Audi RS3 Sportback rear
オーバル形状のテールパイプは、中で2つに分割されている。

フロントバンパーやグリルなど、顔つきが変化しています。
リアディフューザーを統合したリアバンパーなども変更点ですが、ベースのA3との最大の違いは、大きく張り出したフェンダーです。

最新のスパイショット
Audi RS3 Sportback MY2022 Snow Test Spyshot Front
スノーテストを行うRS3スポーツバックの開発車両

Audi RS3 Sportback MY2022 Snow Test Spyshot Front three quarter
以前のスパイショットとはバンパー両サイドの形状が異なっている。

Audi RS3 Sportback MY2022 Snow Test Spyshot Side
スノータイヤ用に小さなホイールを装着しているようだ。

Audi RS3 Sportback MY2022 Snow Test Spyshot Rear three quarter
リアスポイラーのカモフラージュが剥がされている。

Audi RS3 Sportback MY2022 Snow Test Spyshot
リア周りのカモフラージュ面積も少しずつ減っている。

動画

New 2021 Audi RS3 Developed by BMW? Hard Testing on Nurburgring!

ニュルブルクリンクをテスト走行するRS3スポーツバックを撮影した動画です。
かなりのハイペースで走行していますが、破綻する気配は微塵もありません。
アンダーステアも少ないように見えます。
開発はかなり進んでいるのではないでしょうか。

動画の中にはカモフラージュ面積の多いRS3スポーツバックも登場しますが、そちらは排気音が異なっています。
おそらくRSスポーツエキゾーストを搭載しているのでしょう。

2022 AUDI RS3 SPORTBACK SPIED TESTING AT THE NÜRBURGRING

以前の動画とは異なる排気音を響かせています。低音成分が増えている印象です。
また、以前よりも旋回半径がコンパクトになったように見えます。

目次に戻る

シャシー

Audi RS3 8Y Prototype Drift

リアデフとマルチプレートクラッチで構成されたトルクスプリットシステムが搭載されており、左右輪に駆動トルクをそれぞれ0~100%まで配分できます。
モードによっては、コーナリング時にアウト側の後輪にトルクの大部分を分配し、オーバーステアを誘発することが可能です。
とはいえ本質的には、RS3は前輪が主導するAWDです。
後輪には最大50%までしかトルクが配分されません。

フロントサスペンションは剛性が向上し、トレッド幅も拡げられています。
ネガティブキャンバーはA3比でフロント-1.0°、リアは-0.5°増やされました。
ステアリングギアレシオが可変し、パワーステアリングのアシスト量を速度域に応じて変化させるプログレッシブステアリングは、RS用に設計されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはRS3スポーツバックが伝統的に搭載する2.5リッター・直列5気筒ガソリンターボです。
最高出力・最大トルクは、400ps・500Nmとなっており、先代RS3から20Nmのトルクアップを果たしています。
パワーこそAMG A45は420psには及びませんが、0-100km/hはA45 Sの3.9秒に対し、新型RS3は3.8秒と、ライバルをわずかながら上回っています。
最高速は290km/h(オプションのセラミックブレーキ装着時)です。
トランスミッションは7速デュアルクラッチとなっています。

さらに高性能な「RS3パフォーマンス」も用意されるといわれており、そちらは450psになるとの噂です。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
ちなみに先代RS3スポーツバックの日本価格は781万円でした。

新型RS3スポーツバックは、2021年9月に発表され、2021年11月頃には欧州で発売される見通しです。つまりモデルイヤー2022(MY2022)として登場します。
日本での発売時期は不明ですが、2022年にずれ込むかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath