アウディ新型A3の最新情報 発売は2020年! デザインもほぼ判明!

2017年8月8日Audiの新車情報Audi A3(4th-Gen)

Audi A3 2020 Prototype

アウディA3が、2020年に第4世代へとフルモデルチェンジします。

登場はまだ先のことですが、兄弟車であるVWゴルフ8の開発が進むにつれ、新型A3の情報も少しづつ増え始めているようです。

今回は新型A3の最新情報をお伝えします。

更新情報

プロトタイプのティザー画像を追加し、シャシーの項目を更新しました。(2020/02/08)

RS3のスパイショットを最新のものに差し替えました。(2019/11/01)

最新のスパイショットを追加しました。(2019/09/28)

RS3のスパイショットを追加しました。(2019/05/21)

予想CGを追加し、プラグインハイブリッド発売日に関する情報を更新しました。(2019/02/10)

スパイショットを最新のものに挿し替え、ページ内の情報を最新の内容に更新しました。(2018/12/01)

スパイショットを追加しました。(2018/08/09)


新型A3(4代目)の最新情報

エクステリア

新型A3のスパイショット

新型A3のテストカー

端っこが下側に突き出たヘッドライト形状は、SUVのe-tronのような感じだ。

やや尻下がりなルーフライン。フロントオーバーハングは結構長め。

参考画像として、3代目 A3 e-tron(2017)こちらのルーフラインは水平だ。

新型A3は明確なショルダーラインを持ち、力強い印象だ。

コンパクトにまとめられたテールエンドがスポーティだ。

4代目A3は、尻下がりなルーフラインと、力強いショルダーラインが特徴です。
フロント周りはハニカム・グリッドを持つシングルフレームグリルなど、基本的には現在のデザイン言語を踏襲しているようですが、三角形のデイタイムランニングライトは、これまでのアウディ車で見たことがありません。

最新のスパイショット
ほとんど擬装されていない状態で公道テストを行う新型A3

3代目よりも低く見えるので、スタイリッシュな印象だ。

ルーフはやや尻下がり。キャラクターラインはほぼ水平だ。

リア周りの印象は3代目とあまり変わらない。

目次に戻る

新型RS3のスパイショット

新型RS3のテストカー

オーバーフェンダーを装着しているが、あくまで暫定仕様のようだ。

フロントバンパーのエアインテークはRS3用に拡大されているようだ。

フロントブレーキキャリパーの巨大さが目を引く。

ルーフスポイラーは意外と小さめ。

マフラーはオーバルテールパイプを左右出し。

新型RS3のエンジンに関しては、パワートレインの項目をご覧ください。

目次に戻る

プロトタイプのティザー画像

Audi A3 2020 Prototype front
新型A3プロトタイプのティザー画像

Audi A3 2020 Prototype font
ボディ側面にはquattroの文字。フォントがかっこいい。

Audi A3 2020 Prototype side
ハッチバックだがスポーティーなフォルムだ。

Audi A3 2020 Prototype rear
クアッドエキゾーストを装着している。S3のプロトタイプなのだろうか。

以前「Sportbackの名称はリフトバック・クーペに使われる」という情報があったのですが、今回公開されたプロトタイプの車名は、これまでと変わらず「A3 Sportback」となっています。
リフトバック・クーペの計画が消滅したのかはわかりませんが、車名が変わることは無さそうです。

目次に戻る

予想CG

AutoBildの予想CG

AutoBildの予想CG

AutoExpressによる予想CG

AutoExpressによる予想CG

最新のスパイショットに基づいて作成された予想CGです。

目次に戻る

シャシー

シャシーはゴルフ8と同じく、最新型のMQBプラットフォームです。
このMQBはこれまでのものよりもさらに軽量で、ゴルフ8では70kgの軽量化が見込まれています。
新型A3でも、同等の軽量化が期待できるでしょう。

新しいquattroシステム

Audi A3 2020 quattro
新しいquattroシステムの模式図

電気油圧式のマルチプレートクラッチを基盤とする、新しいquattroシステムを搭載しています。
前後重量配分を改善するため、クラッチはリアデフの直前(つまりプロペラシャフトの後端)に搭載。
状況に応じて後輪に最大100%のトルクを配分します。

電子トルク配分制御は、アウディドライブセレクトダイナミックハンドリングシステムと統合されており、サスペンションのセンサーから路面状況だけでなく、ドライビングスタイルも把握して制御を行うそうです。
例えばドライバーが素早くステアリング操作をすると、スポーティーなドライビングスタイルだと判断し、後輪へのトルク配分が多くなるように切り替わります。

目次に戻る

アダプティブサスペンション

Audi A3 2020 adaptive suspension
アダプティブサスペンションの模式図

アダプティブサスペンションも、アウディドライブセレクトと統合されています。
「Auto」「Comfort」「dynamic」の3つからモード選択可能です。

センサーはボディの垂直加速度と、個々のホイールの関連性を測定。
コントロールユニットが信号をミリ秒単位で処理し、各ダンパーを道路状況、運転状況、ドライバーの要求に合わせて調整します。

目次に戻る

プログレッシブステアリング

Audi A3 2020 progressive steering
プログレッシブステアリングの模式図

ステアリングギア比が可変するシステムです。
ステアリングを小さく動かすとギア比がダイレクトになり、ステアリングを大きく動かすとアシスト量が大きく(=操作量が小さく)なります。
ロックトゥロックは2.5回転で、ステアリングセンター付近のギア比は14.3:1です。

目次に戻る

ボディタイプ

3ドア廃止

新型A3には、3ドアハッチバックが用意されません
その理由は販売不振のためです。
ちなみに2017年に生産された3ドア・A3は、たったの7,818台でした。
同年の5ドア・A3の生産台数が167,741台だったことを考えると、廃止もやむを得ないと言えるでしょう。

新型A3セダン

4ドアセダンに関しては、新型でも継続となります。
後部座席とラゲッジスペースの広さが拡大されるそうです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンも基本的に、VWゴルフ8と同じものが使われます。

主力は1.5リッター・直列4気筒のガソリンとディーゼル、エントリーグレードは1.0リッター・直列3気筒です。

48Vマイルドハイブリッド

また、やはりゴルフ8と同じく、48ボルトのマイルドハイブリッドが追加されます。
マイルドハイブリッドの有り無しが選べるのかは不明ですが、ラインナップされるのは確実です。

プラグインハイブリッド

新型A3のプラグインハイブリッド(PHEV)には、64km以上のEV走行が可能な、新世代のパワートレインが搭載されます。
これは最新版のMQBプラットフォームに対応したものです。

PHEV ≠ e-tron?

新型A3のPHEVモデルに、「e-tron」のバッジネームが使われるかどうかは不明です。

アウディはe-tronをEVのブランドネームとして統一しようとしているので、プラグインハイブリッドは別名称になる可能性もあります。

RS3

新型RS3は、ライバルであるメルセデス・ベンツ新型A45 AMGが420psとなることに対抗すべく、現行の2.5リッター・直列5気筒ターボに、さらなるチューニングを施して搭載すると言われています。

以前は直4ターボに置き換わるとの情報が流れていたものの、現在では直5ターボをキャリーオーバーするという説が有力です。

目次に戻る

エレクトロニクス

インフォテイメントの目玉は、新型A6(2019年フルモデルチェンジ予定)で採用される新しいタッチスクリーンです。
新しいタッチスクリーンは、触るとフィードバックがあるタイプのものと言われ、インテリアの物理ボタンが全て集約されます。

バーチャルコクピットも、新型Q3と同じものに改められる予定です。

新型Q3のバーチャルコクピット

また、自動運転が搭載される可能性が高いと言われています。
新型A8では、レベル3自動運転が世界で初めて実用化されましたが、新型A3のものがレベル3かは不明です。
発売時期的には、レベル3になりそうではありますが。

目次に戻る

新型A3(4代目)の価格・発売日

新型A3の発売は2020年です。
3月開催のジュネーブ・モーターショーでの発表が有力視されています。
新型RS3の登場は2020年末になるでしょう。

エントリーグレード(つまり3気筒モデル)の英国における価格は、20,000ポンドと予想されています。
1ポンド145円換算だと、290万円です。
現行型(第3世代)では、1.4リッター直4モデルが293万円からラインナップされているので、実質的には値上げということですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath