新型コルベットZR1 最後のFRコルベットはニュルの王を目指す

他メーカーの新車情報,新車情報

シボレー・コルベット次期C8型からミッドシップレイアウトに変更されることが決定していますが、FRコルベットのトリを飾るZR1がまだ控えています。
言うまでもなく、ZR1はコルベット最速モデルです。

今回はニュルブルクリンク最速を狙うC7コルベット最後のモデルについて、スパイショットを交えてお伝えします。


スパイショット

ボンネットのバルジの大きさからして、スーパーチャージャー装着は確実だ。
フロントスプリッターはまるでレーシングカーだ。
FRらしいロングノーズ・ショートデッキのプロポーション。無くすのは惜しい気もする。
GT3マシンのようなリアウイング。
異様な雰囲気を醸し出す、センター4本出しマフラー。

画像の出典: motor1.com

C7コルベット・ZR1では、アクティブ・エアロが採用されます。
現在ニュル最速のランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテと同様のシステムです。

ZR1のアクティブ・エアロは、フロントスプリッター、エアシャッター、エアダム、リアウイング、リアディフューザーなどをコンピュータ制御し、ダウンフォースが必要な地点ではダウンフォースを増やし、不要な地点では空気抵抗を減らすことが可能になります。

目次に戻る

エンジン

コルベットZ066.2リッター・V8「LT4」エンジンを、チューンアップして搭載する可能性が濃厚ですが、新たにDOHCのLT5エンジンが開発されているという情報もあります。
LT5は次期C8型に搭載される可能性が高いです。

出力は700psオーバー、一説には750psとも言われており、FRコルベットとしては最強モデルとなります。

目次に戻る

価格・発売時期

8月に行われる北米IMSAのレースイベントで、ZR1のお披露目が行われます。
発売時期は不明ですが、発表からそれほど間を置かずに発売されるはずです。

価格に関しても不明ですが、コルベット・Z06が1468万円であることを考えると、2000万円弱程度になる可能性が高いと思われます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。