ロールスロイス スペクター 120年以上前の予言がついに成就

他メーカーの新車情報

Rolls Royce Spectre EV

ロールスロイスがブランド初のEV「スペクター」を発表しました。
かつてコロンビア・エレクトリック・キャリッジという電気自動車を手に入れたチャールズ・ロールズ(ロールスロイスの共同創業者)は、十分なインフラさえあれば、EVは内燃機関の代替手段になると予言していたそうです。その予言が120年以上の時を経て実現したことになります。

スペクターはファントムクーペの精神的な後継モデルで、ロールスロイスの伝統が受け継がれています。むしろ電動化されたことで、静かでパワフルなロールスロイスの特性が、これまで以上に高められているのです。

今回はロールスロイス スペクターの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

ロールスロイス スペクターの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Rolls Royce Spectre EV Front corner
ロールスロイス スペクター

Rolls Royce Spectre EV Front
パンテオングリルはこれまでのロールスロイス車の中で最も幅広い。

Rolls Royce Spectre EV Headlight
デイタイムランニングライトが光るとこんな感じ。ヘッドライトは下にある。

Rolls Royce Spectre EV Grill
スピリット・オブ・エクスタシーも空力的に処理されているという。

Rolls Royce Spectre EV Side
全長は5.4mオーバーだが、2ドアのクーペだ。

Rolls Royce Spectre EV Wheel
ホイールはなんと23インチ。ロールスロイスがこれほど大きなホイールを履くのは、ほぼ100年ぶりなのだとか。

Rolls Royce Spectre EV Rear corner
ファストバック処理されたリアエンドが美しい。

Rolls Royce Spectre EV Rear
最近は水平基調のテールライトがトレンドだが、ロールスロイスは縦長のものを採用。

Rolls Royce Spectre EV Rear fender
Aピラーからテールライトを含むリアフェンダーまでは、1枚のボディパネルで構成されている。

Rolls Royce Spectre EV Taillight
テールライトにもロールスロイスのロゴ。

スペクターのCd値はわずか0.25で、ロールスロイス史上最も空力的に優れたモデルとなっています。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 5,453
全幅(mm) 2,080
全高(mm) 1,559
ホイールベース(mm) 3,210
車重(kg) 2,975

ちなみにバッテリーだけで700kgもあるそうです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Rolls Royce Spectre EV Interior
スペクターのインテリア

Rolls Royce Spectre EV Door open
伝統のスーサイドドアはEVになっても踏襲されている。

Rolls Royce Spectre EV Dashboard
最新のデジタルアーキテクチャが採用されている。ちなみに助手席側にもディスプレイがある。

Rolls Royce Spectre EV Meter
メーターも液晶化されているようだ。

Rolls Royce Spectre EV Clock
アナログ時計は残されている。

Rolls Royce Spectre EV Rotary switch
ロータリースイッチからも高級感が伝わってくる。

Rolls Royce Spectre EV Front seats
スターライトヘッドライナーも受け継がれている。

Rolls Royce Spectre EV Rear seats
クーペだが後席も快適そうだ。

Rolls Royce Spectre EV Umbrella
ドアに傘が収納されているのもロールスロイスの伝統。

目次に戻る

シャシー

アルミニウム押出材をバッテリーと統合したアーキテクチャを採用しています。剛性はこれまでのロールスロイスから30%も向上しているそうです。

アクティブ制御のアンチロールバーや4輪ステアリング、そしてダンパーは、スペクターの高速な処理機能を用いて制御されます。車体の状態は18個のセンサーで監視され、ステアリング、ブレーキ、パワーデリバリー、サスペンションの各パラメーターが、シチュエーションに応じて適切に調整されます。

目次に戻る

パワートレイン

最終的な出力や航続距離についてはまだ調整中とのことですが、目標値は最高出力430kW、最大トルク900Nm、航続距離520km、0-100km/h4.5秒とのことです。

目次に戻る

価格・発売日

価格は公表されていません。

スペクターは2023年第4四半期からデリバリーが開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク