ルノー新型キャプチャー 2代目にはプラグインハイブリッド追加!

他メーカーの新車情報, 新車情報SUV

ルノー キャプチャーが、2020年にフルモデルチェンジされます。
新型キャプチャーにはプラグインハイブリッドが搭載される見込みです。

今回は新型キャプチャーのスパイショットと、これまでに判明している情報をお伝えします。


新型ルノー・キャプチャーの概要

エクステリア

スパイショット

新型キャプチャーのテストカー

顔つきは現行型のリファイン程度に留まりそうだ。

現行型よりもリアドアの前後長が長いような……

参考画像として、現行型(初代)キャプチャーのサイド。

現行型と比べると、リアフェンダーは明らかにワイド化されている。

参考画像として、現行型(初代)キャプチャーのリア。

目次に戻る

インテリア

内装のスパイショットはまだありませんが、新型ルーテシア(海外名: クリオ)で採用された、最新のダッシュボードレイアウトになると見られています。
つまりメータークラスターがデジタル・インストゥルメントになり、センターコンソールのディスプレイが縦型になるわけです。

新型クリオのインテリア。新型キャプチャーもこれに準じたものになるだろう。

また、プラットフォーム(おそらくCMF-Bプラットフォーム)そのものも拡大され、それにより室内もより広くなります。

目次に戻る

パワートレイン

プラグインハイブリッド「e-Tech」は、日産が開発した1.6リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気に、電動モーターと容量9.8kWhのバッテリーを組み合わせたものです。
自然吸気エンジンの低速トルクの細さをモーターによって補いつつ、最大48km程度のEV走行を可能にします。

また、ノンハイブリッドモデルとして、1.3リッター・直列4気筒ガソリンターボもラインナップされるでしょう。

目次に戻る

運転支援システム

日産のプロパイロットと同様のシステムが、新型キャプチャーにも搭載されます。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

欧州での発売は2020年初頭になるでしょう。
今年の後半になればより具体的な情報が出てくると思います。
このページでも最新情報を随時更新していく予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath