ついにフェアレディZもフルモデルチェンジか!?

2019年10月30日ニッサンの新車情報スポーツカー, フェアレディZ(Z35)

Z34 フェアレディZは、2008年12月に登場した車です。
よって登場から11年を迎えようとしています。
ほとんどの車が6~7年でフルモデルチェンジすることを考えると、Z34の旧式化は否めません。

次期フェアレディZに関して、日産Ivan Espinosa氏は「日産の中心にあり、積極的に検討して取り組んでいる」と、東京モーターショーでコメントしました。
その直後、ニュルブルクリンクを走行するフェアレディZのテストカーがスパイショットされたのです。

今回は次期フェアレディZのスパイショットと、現在判明している最新情報をお伝えします。


新型フェアレディZ(7代目)の最新情報

エクステリア

スパイショット(2019年10月撮影)

ついに姿を現した新型フェアレディZのテストカー。ボディはZ34のものを利用している。

フロント周りに冷却用の穴がいくつも開けられている。

サイドステップが新規のデザインかどうかはわからない。

リアスポやディフューザーも見たこと無いデザインだが……

Z35のボディが登場するまでにはまだ時間がかかるだろう。
画像の出典: autoblog.com

テストカーはZ34のボディを利用しているので、見た目上の変化はわずかです。

フロントのノーズ部分とフォグライト部分には、穴が開けられています。
これは冷却の必要性からと考えられるため、Z34よりもエンジンパワーが増加している可能性が高そうです。

目次に戻る

シャシー

次期インフィニティ Q60と同じプラットフォームになると言われています。
Q60はスカイラインクーペの後継モデルです。
そのため次期フェアレディZのフットプリントは、Z34よりわずかに大きくなるようです。

目次に戻る

パワートレイン

3.0リッター・V型6気筒ガソリンツインターボの搭載が有力です。
このエンジンはVR30DDTT型で、現行のスカイライン・400Rに搭載されているものが流用されると考えられています。
よって最高出力が405ps以上となるのは確実です。
それゆえか、次期フェアレディZは「400Z」と呼ばれることになると言われています。

NISMO

NISMO仕様がAWD(全輪駆動)になるという情報が以前流れていましたが、真偽は不明です。
AWDになるとGT-Rと競合することになりますし、可能性は低いと思うのですが。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、ターボ化されるとすれば、現行型よりも高価になるかもしれません。

発売は2021年になりそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath