キャデラック セレスティック ラグジュアリーEVのライバルはベントレー!?

他メーカーの新車情報

Cadillac Celestiq Prototype Side

キャデラックがラグジュアリーEV「セレスティック」のプロトタイプを発表しました。
内外装ともに、これまでに見たことのないようなデザインです。

今回はキャデラック セレスティックの概要をご覧ください。


キャデラック セレスティックの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Cadillac Celestiq Prototype
キャデラック セレスティック

Cadillac Celestiq Prototype Front
ヘッドライトがどこにあるのかわからない。グリルは完全に塞がれている。

Cadillac Celestiq Prototype Rear corner
流麗なファストバックスタイル。テールゲートは開くと言われている。

Cadillac Celestiq Prototype Rear
バンパーの両サイドも赤く光るのが特徴。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Cadillac Celestiq Prototype Interior
セレスティックのインテリア

Cadillac Celestiq Prototype Dashboard
50~60年代のキャデラックを思わせるようなカラースキーム。ダッシュボードを横断するモニタのサイズは驚異の55インチ!

Cadillac Celestiq Prototype Seat
リアシートの色は赤と黒のグラデーション。中央には大きなコンソールがあり、4人乗りとなっている。

Cadillac Celestiq Prototype Rear seat
リアエンターテイメントシステムも完備。

Cadillac Celestiq Prototype Rear console
リアコンソールには操作用の小さなタッチスクリーン。

ルーフは調光可能なガラスルーフとなっており、4名の乗客それぞれが頭上のガラスの透過具合を調整できるそうです。

目次に戻る

パワートレイン

モーターやバッテリーの詳細は明らかにされていませんが、最新の自動運転システム「UltraCruise」を搭載することが確約されています。
アーキテクチャーはEV専用のUltiumです。

目次に戻る

価格・発売日

価格は300,000ドル以上と予想されています。これはベントレーやロールスロイスなどと競合する価格帯です。

セレスティックはMY2025(2024年下半期~2025年上半期生産モデル)として発売されます。デビューは2023年後半から2024年初頭になるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。