ホンダ プロローグ ホンダ電動SUVの序章

ホンダの新車情報

Honda Prologue Front corner

ホンダが電動SUVのプロローグを、米国で発表しました。
GMのUltiumプラットフォームを採用した大型SUVで、キャデラック リリックやシボレー ブレイザーEVの兄弟車ですが、デザインは全く異なるものになっています。

今回はホンダ プロローグの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

ホンダ プロローグの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Honda Prologue Front corner
ホンダ プロローグ

Honda Prologue Nose
ホンダのファミリーフェイスが採用されている。

Honda Prologue Front
最近のホンダ車と同様に、クリーンでシンプルなデザインだ。

Honda Prologue Side
「Neo-Rugged」と呼ばれるデザインコンセプトに基づくプロローグは、角張った箇所が全くなく、滑らかで伸びやかなデザインとなっている。

Honda Prologue Rear corner
キックアップしたサイドウィンドウと、上下幅の薄いリアウィンドウがスポーティーな印象。21インチホイールのデザインもユニーク。

Honda Prologue Rear
ホンダのエンブレムが無くなり、レンジローバー風にブランド名が記されている。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,877
全幅(mm) 1,989
全高(mm) 1,643
ホイールベース(mm) 3,094
車重(kg) 未公表

ホンダ CR-Vよりも全長が183mm長く、全幅は125mmワイドです。ホイールベースに至っては394mmも長くなっています。このホイールベースの長さはEVならではでしょう。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Honda Prologue Interior
プロローグのインテリア

Honda Prologue Dashborad
高級感に乏しいが、外装同様シンプルでクリーンなデザイン。エアコン吹出口は一般的な形状になっている。

Honda Prologue Cockpit
メーターは11インチ。タッチスクリーンは11.3インチ。

目次に戻る

シャシー

GMのUltiumプラットフォームが採用されています。

目次に戻る

パワートレイン

バッテリーやモーターの詳細はまだ明らかにされていません。ただし全輪駆動のオプションがあることだけは判明しています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

プロローグは2024年に発売予定です。ボディサイズがCR-V以上に大きいので、日本導入の可能性はゼロに限りなく近いと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク