ポルシェ タイカンにさらなる高性能モデル!?

Porscheの新車情報

Porsche Taycan Spyshot

ポルシェタイカンの高性能バージョンと見られるプロトタイプを、ニュルブルクリンクでテストしています。
そしてこのタイカンは、約1,000馬力を発生するというのです。

今回はタイカン高性能バージョンのスパイショットと最新情報をご覧ください。


スポンサーリンク

タイカン高性能バージョンの最新情報

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche Taycan Spyshot Front
タイカン高性能バージョンと思しきプロトタイプのスパイショット

Porsche Taycan Spyshot Front corner
リップスポイラーやバンパーサイド部分がカモフラージュされている。

Porsche Taycan Spyshot Side front
ルーフ部分にも何か装着されているが、どのように機能しているかは不明。

Porsche Taycan Spyshot Side
巨大なブレーキキャリパーが装着されている。

Porsche Taycan Spyshot Rear corner
固定式リアウイングが装備されている。

Porsche Taycan Spyshot Rear
大型のリアディフューザーが確認できる。

目次に戻る

シャシー

プロトタイプはセラミックブレーキを装着しているようです。
そしてロールケージも装着されているようですが、これはニュルブルクリンクを走行するテストドライバーの安全を確保するためのものだと思うので、市販バージョンには装備されないでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

このタイカン高性能バージョンは、約1,000psを発生すると言われています。
テスラ モデルS プレイドが1,020psなので、それに対抗するためでしょう。

とはいえニュルブルクリンク・ノルドシュライフェのタイムでは、タイカンは既にモデルSプレイドを上回っています。
タイカン ターボSは761psに過ぎませんが、タイムでは2秒以上も速かったのです。
そのタイカンが約1,000psのパワーを手に入れたら、一体どれほどのタイムが出るのか想像も付きません。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。発売されるとすれば最も高性能なモデルになるわけですから、タイカン ターボS(2,507万円)を上回ることは確実です。

発売時期も判明していないのですが、プロトタイプはほとんどカモフラージュされていないので、完成に近づいているものと思われます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク