三菱 XFCコンセプト 激戦のコンパクトSUV市場に新たな刺客

三菱の新車情報

Mitsubishi XFC Concept

三菱自動車XFCコンセプトを発表しました。ASEAN市場向けに販売されるというコンパクトSUVです。

今回はXFCコンセプトの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

XFCコンセプトの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mitsubishi XFC Concept Front corner
三菱 XFCコンセプト。グリルはハニカム模様で、コンセプトだと塞がれているように見える。

Mitsubishi XFC Concept Front
フロント下部のガーニッシュ部分も光るようになっている。

Mitsubishi XFC Concept Front
従来のダイナミックシールドを発展させたようなデザインだ。

Mitsubishi XFC Concept Roof
パノラミックルーフの形状はユニークだが、市販バージョンでは一般的な形になると思う。

Mitsubishi XFC Concept Side
ルーフラインは真っ直ぐ。Cピラーの処理などはアウトランダーに似ている。

Mitsubishi XFC Concept Camera
サイドミラー代わりのカメラが装着されているが、市販バージョンに搭載されるかは不明。

Mitsubishi XFC Concept Wheel
複雑なデザインのホイールは20インチ。

Mitsubishi XFC Concept Side sill
サイドシルにはハニカム模様が刻まれている。

Mitsubishi XFC Concept Rear corner
リアフェンダーが大きく張り出し、力強いスタンスを生み出している。

Mitsubishi XFC Concept Rear spoiler
赤いのはハイマウントランプだと思うが、市販バージョンでは一般的なデザインになると思う。

Mitsubishi XFC Concept Taillight
テールライトもヘッドライトと対をなすTシェイプ。

Mitsubishi XFC Concept Rear bumper
リアバンパーもフロントと前後対称なデザインになっている。

Mitsubishi XFC Concept Rear
細かな装飾を省き、面でデザインされている。なのでシンプルなのに力強い印象を生み出せている。

ボディサイズ

XFCはRVRよりもひと回り大きく、エクリプスクロスの下に位置するモデルになると言われています。RVRの全長は4,295mm、M/C後モデルのエクリプスクロスが4,545mmなので、XFCの全長は4,400mm前後になるのではないでしょうか。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mitsubishi XFC Concept Interior
XFCコンセプトのインテリア

Mitsubishi XFC Concept Dashboard
白内装なので明るい印象だ。

Mitsubishi XFC Concept Steering wheel
ステアリングスイッチもハニカムをモチーフにしている。

Mitsubishi XFC Concept Dashboard right
ダッシュボード部分はファブリックで覆われており、CX-60っぽい。

Mitsubishi XFC Concept Display
メーター液晶とタッチスクリーンを統合した一枚板のディスプレイが装備されている。

Mitsubishi XFC Concept Console
ハイデッキのセンターコンソールは途中で途切れており、空中に浮かんでいるように見える。

Mitsubishi XFC Concept Front seats
シートのデザインはユニーク。サポートは控えめなので、スポーツ走行を前提としたものではなさそうだ。

Mitsubishi XFC Concept Rear seats
後席の足元は広々としている。

Mitsubishi XFC Concept Door inner trim
ドア内張りにもハニカムがあしらわれている。

目次に戻る

パワートレイン

パワートレインに関する情報はまだ公開されていません。
ASEAN地域で販売するためICE(内燃機関)が搭載されるのは確実ですが、三菱お得意のPHEVが用意されるかは不明です。
ちなみに「ノーマル」「グラベル」「マッド」「ウェット」という4つのドライブモードが存在することが確認されています。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、XFCの市販バージョンはASEAN市場向けに販売されると言われているので、比較的手頃な価格になるのではないでしょうか。

XFCコンセプトは2022年10月26日から30日まで開催されるベトナムモーターショーにて展示されます。市販バージョンは2023年にデビューするそうです。将来的にはASEAN地域以外でも販売したいと三菱はコメントしているので、日本にも導入されるかもしれません。
というのも、欧州で販売されているASX(日本名: RVR)が、ルノー キャプチャーのOENになってしまったからです。キャプチャーは全長4,230mmで、価格は319~389万円ですから、サイズが小さいのに割高感があります。
そのため欧州のようにRVRをキャプチャーに置き換えるのではなく、XFCで代替するつもりなのだと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク