アバルト 500e 電動ホットハッチがついに登場!

他メーカーの新車情報

Abarth 500e

アバルト500eを発表しました。
EVのホットハッチで、フィアット 500eよりも強力なモーターと、スポーティーなシャシーが特徴です。

今回はアバルト 500eの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

アバルト 500eの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Abarth 500e Front
アバルト 500e

Abarth 500e Headlight
フィアット 500eでは、眉の部分もLEDだったが、アバルトでは塞がれている。

Abarth 500e Side
明らかに車高が低いので、サスペンションセッティングが変更されているはずだ。

Abarth 500e Wheel
タイヤはブリヂストン。ホイール径は不明だが、かなりの大径だ。

Abarth 500e Emblem
アバルトを象徴するサソリのマークもビリビリしている。

Abarth 500e Rear
ディフューザー風の衣装が追加されている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Abarth 500e Cockpit
アバルト 500eのインテリア

Abarth 500e Dashboard
タッチスクリーンは10.25インチ。液晶メーターは7インチだ。

Abarth 500e Meter
メーターにはマップも表示可能。

Abarth 500e Seats
シートもスポーティーな形状となっている。

JBLのサウンドシステムが搭載されています。Apple CarPlayやAndroid Autoも利用可能です。

目次に戻る

シャシー

アバルトはシャシーのアップグレードについてコメントしていませんが、テストコースではアバルト695比で1秒以上もタイムアップしたということなので、おそらくサスペンションやステアリングが改良されているはずです。

目次に戻る

パワートレイン

モーターはリアに1つだけ搭載されています。
最高出力は155ps、最大トルクは235Nmを発生。フィアット 500eと比較すると、37ps・15Nmの出力向上を果たしています。
0-100km/h加速は7秒です。

バッテリー容量はフィアット 500eと同じく42kWhとなっています。航続距離は明らかになっていませんが、出力が向上しているため、フィアット 500eの321kmよりも短いものと思われます。
ただし85kWの急速充電システムが利用できるようになったため、充電時間は短くなっています。アバルト 500eはバッテリー残量0~80%までチャージするのに35分しかかかりません。また、5分間の充電でも40km分の電力をチャージできます。

ドライブモードは「ツーリスモ」「スコーピオンストリート」「スコーピオントラック」の3つ。
ツーリスモは電費を重視する代わりに、136ps・220Nmにパフォーマンスを制限します。
スコーピオンストリートは回生ブレーキの効きを最大化しつつ、パフォーマンスを開放します。
スコーピオントラックは制限なしのフルパワーモードです。

EVなのにエンジン音?

20km/hを超えると、ストラミングギターと呼ばれるサウンドが再生されます。
また、オプションのサウンドジェネレーターを装着すれば、ガソリンエンジンのサウンドが再生されるそうですが、EVなのにエンジンをわざわざ鳴らすのはちょっと恥ずかしい気もしますね。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

アバルト500eは2023年に発売されます。ヨーロッパからデリバリーが開始されますが、その後日本にも導入されるそうです。
Scorpionissima(スコーピオニッシマ)と呼ばれるローンチエディションは、アバルトの創業年にちなんで1,949台限定で販売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク