ポルシェ 次期911 GT2 RSはハイブリッド!

Porscheの新車情報

Porsche 911 GT2 RS 2018 Front
ポルシェ 911 GT2 RS(2018年モデル)

2026年にデビュー予定のポルシェ 911 GT2 RSは、どうやらハイブリッド化されるようです。しかしパナメーラ ターボS E-ハイブリッドのようなプラグインハイブリッドではなく、マイルドハイブリッドが装着されます。また、電動ターボチャージャーを利用してバッテリーを冷却するという技術を用いるかもしれません。

今回は次期911 GT2 RSに関する最新情報をご覧ください。


次期911 GT2 RSの最新情報

Porsche 911 GT2 RS 2018 Rear
ポルシェ 911 GT2 RS(2018年モデル)

まず、電気アーキテクチャーはタイカンのような800Vではなく、400Vのシステムが採用されます。これは重量の軽減しシステムをコンパクトにするためです。

バッテリーは39:61の重量バランスを実現するために後部座席の後ろに配置されます。
そしてバッテリーの冷却システムには電動ターボチャージャーからの空気を使用する見込みです。バッテリーを液体で冷却しようとすると新たな冷却回路が必要ですし、空冷でも冷却ファンが必要になりますが、インタークーラー通過後の吸気でバッテリーを冷却するなら追加要素は必要ありません。その分軽量化できるわけです。それでも現状では100kgほどの重量増が見込まれています。

次期911 GT2 RSのマイルドハイブリッドは、あくまでパフォーマンスを重視したものです。最高出力は700ps以上、トルクに関しては1,000Nmの大台に乗ると言われています。

Porsche 911 GT2 RS 2018 Side
ポルシェ 911 GT2 RS(2018年モデル)


次期911 GT2 RSは2026年に登場予定です。英国価格は25万ポンドと予想されており、日本円に単純換算すると約4091万円となります。先代の911 GT2 RSが3727万円だったので、ハイブリッド化による値上げ幅はかなり大きめです。

【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。