マツダがSUVラインナップの大幅な拡大を発表

マツダの新車情報

Mazda CX-5 Facelift 2022 Front three quarter
マツダ CX-5

マツダSUVの商品ラインナップを大幅に拡充する計画を発表しました。
今回はその概要をご覧ください。


マツダのSUVラインナップ拡充計画

Mazda CX-5 Facelift 2022
マツダ CX-5

今後投入されるSUVラインナップは、「スモールプロダクト」と「ラージプロダクト」の2種類に大別されます。商品群は2022年以降市場に順次投入されるそうです。

スモールプロダクトの新商品は、CX-50です。
CX-50はCX-5の後継車種ではなく、別の車種として米国市場に投入されます。
生産はアラバマ州ハンツビルにあるトヨタのとの合弁工場で行われるそうです。

ラージプロダクトは、2列ないし3列のシートを持つ大型のSUVで、プラグインハイブリッド(PHEV)や直列6気筒を搭載する商品群となります。

日本や欧州には、2列シートのCX-60、3列シートのCX-80を用意。パワートレインは直6のSKYACTIV-Dに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせたものや、PHEVが搭載されるそうです。
一方米国向けには、CX-60やCX-80をワイドボディ化し、パワフルな直列6気筒ターボやPHEVを搭載したCX-70CX-90が投入されます。
なお、CX-90は、現在マツダが米国で販売している3列シートSUV「CX-9」の後継車種となる可能性が高いです。

Mazda CX-9 2016
マツダ CX-9(2016年モデル)

また、ロータリーエンジンを発電機として使用するマルチ電動化技術を搭載したモデルも今後登場するそうですが、これがSUVに搭載されるかは不明です。
マルチ電動化技術は、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして使用するものと思われます。

2025年頃からはEV専用プラットフォームを用いた商品を投入するそうで、2030年には生産する全てのモデルを電動化するとマツダは主張していますが、仮に計画どおりに事が運んでも、欧米や韓国の自動車メーカーに対して周回遅れになっていることは否めません。
高級車セグメントになるほどEV化が早く進行しているので、プレミアムブランド化を目論むマツダにとって、EVでスタートダッシュを決められなかったことはかなりの痛手になると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。